スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファインスポッテッドジョーフィッシュ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

巣穴の手入れをしてるとこ。ていうか二枚目、ピントきてなくてごめんなさい。

ファインスポッテッドジョーフィッシュをはじめて見たときは、びっくりして変な笑いがこみ上げたのをはっきりと覚えています。この仲間で見慣れたイエローヘッドジョーフィッシュ(体長10センチ)などと顔や体つき変わらないのに、サイズだけあほみたいに大きいのがツボで。だいたい3、40センチぐらいに育ちます。

彼らの巣穴は断面で見ると、サンゴのかけらや貝殻が城壁みたいに組まれているのだそうです。砂地の穴だからちょっとしたことでは崩れないよう補強してるわけ。あと葛西ではこの魚の繁殖に力を入れていて、オスがしょっちゅうマウスブリードしています。その時期には青くてまずそうな卵を口いっぱいに頬張ってるのでチェックしてみて下さい。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 スズキ目 アゴアマダイ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

30センチ! 40センチ!!
そんなに大きくなるんですね!
ああ なんだかかわいさがちょっぴり減っていくような残念感がありますv-356

でも、しっかりした造りの彼の城、見てみたいです♪

なんでも葛西の職員がメキシコ湾だかどこだかで釣ったペアをずっと飼育してるそうで。こんなの釣り上げたらしばらく笑いが止まらなそうです。可笑しいというより笑うしかないって笑いが。

この人らの巣穴とか、生き物たちが作る高度な構築物って神秘ですよね~。「これこれのものを作ろう」みたいな、行動を裏付ける意思があるんじゃないかと思わず信じそうになっちゃう。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。