スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンギョハナダイ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

サクラダイに続くハタのなかまであるのが納得いかない魚その二、キンギョハナダイ。口元にはそういう(どういう?)雰囲気を感じなくもないけど、どこなんだろうねキレのいいスッとした形のヒレなどが違和感のもとなのかなあ? 言葉では説明しにくいけど、あたまのなかの「なかま発見センサー」な部分が反応しないんですよね。

写真上がメスで下がオス。メスのほうが私は好きです。一山幾らっていうか、むしろタダで持ってけ的なフナキンっぽいのがいい。キンギョハナダイはいずれ複数もしくは群れできれいに撮りたいと思っています。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 スズキ目 ハタ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。