スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニダルマオコゼ

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM

オニダルマオコゼ@葛西臨海水族園。目の位置からして泳いではならん魚だと思う。大きな魚に下からぱくりとこられても気付かないよこれ。岩のふりして底でじっとしててほしい。彼らの背びれには毒があるので天敵は少なく、岩に擬態した姿(ちなみに英名reef stonefish)は敵から身を隠すためというより、気付かずに近寄ってきた小魚を捕食するためのものだとは言われてますけど。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

別のじっとしてる個体。実際の海では潜って砂をかぶっていることが多いので、よほど注意しないと岩との見分けは付かないだろうなー。ダイバーの方ほんとに気を付けて下さい。

余談ですが魚は特に広い視野を持っているわけでも、歪曲した像を見ているわけでもありません。「魚眼レンズ」のせいで誤解してる人が多いみたいだけど。あれは像が水中から水面上を見た時のようになるのを魚の視点になぞらえて「魚眼」と言ってるだけなんですよね。
関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Sigma_30mm_F1.4_EX_DC_HSM Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 カサゴ目 フサカサゴ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。