スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 60D

EOS 60D

ん、なんか色が変だね。携帯で撮ったのだけど。まあいいけど。

えーとEOS 60Dボディ、この秋いろいろと買い足した機材のひとつです。キヤノンのAPS-C機でいちばん上の7Dと迷ったけど、60Dにしてレンズを一本余計に買うほうがいいかなと。販売価格が三万円くらい違ったので。7Dならヨウジウオとか撮りやすくなりそうで未練がなくもないのですが。

60Dはこれまで使っていたEOS Kiss X2と較べると、初級機と中級機の差なのか、はたまた世代の差なのか、中央でも周辺でもAF精度が良くて、魚の動きをかなりしっかり追えます。ISO1600あたりも被写体によりけりですが実用になる。X2はISO800でぎりぎりな感じだから大進歩だよね。ちょっと重いのが難点だけど(コンデジ一個分ぐらい重いです)、そこは何日か持ち歩いて慣れてきました。

クリックで拡大

サンシャイン水族館にて。Canon EOS 60D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

あと大きいのはファインダーの視野が広いこと。AFのみなら単に覗いて快適というだけで、狭くても広くても写真に差は出ませんが、マニュアルフォーカスする場合はファインダーの広さが武器になります。暗すぎてピントが合わない水槽とか、マクロの等倍付近とか。

ぶっちゃけどんな機材を使っていても、その機材なりに魚撮りは楽しめるんですけどね。携帯の内蔵カメラでだって撮れるものはいっぱいあるし。ただより良い機材を買って損をすることもまたないのねと実感した次第です。

クリックで拡大

海遊館にて。Canon EOS Kiss X2 + Sigma 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM

ちなみにヨウジウオってこんなの。これはメニーリングドパイプフィッシュだったかな? 細っこいしちっちゃいし動くし、九つのAFポイントでは捉えるのが難しいのです。この時はたまたま望遠ズームを持参していたので、水槽から離れてカメラを振り回す角度を小さくしてみたのですが、納得の行く写真は結局撮れませんでした。 関連タグ : サンシャイン水族館 Canon_EOS_60D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 海遊館 Canon_EOS_Kiss_X2 Sigma_50-200mm_F4-5.6_DC_OS_HSM 軟体動物 後鰓目 ハダカカメガイ科 硬骨魚類 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。