スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケビクニン

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

スローシャッター(F2.8でSS1/20sec、ISO1600だったかな?)で被写体の動きにシンクロさせてカメラを動かす方法がはまってくれました。このレンズでこれだけ撮れるなら、30/1.4にPLフィルターというのも検討してみていいかも。葛西の深海コーナーでは何撮ってもいい感じになるけど、ガラスへの写り込みを避けるのがすごく難しいので。

ていうかこの魚の名前の由来もよくわからんのですよね。まず「サケ」ってなによ。サーモンピンクだから? 「ビクニン」は比丘尼からきたといわれており、このサケビクニンは確かに女性っぽい人面魚な雰囲気を持っている気がします。でも同じ科にビクニンというのもいて、そっちは可愛くてとても良い面構えではあるのですが、私には尼僧にはまったくもって見えない。なので比丘尼が由来だと言われてもどうもしっくりこないんですよね。

ちなみにこの魚はだいたい何時もこんな姿勢。下向いたまま砂の中のエビやカニなどを探してうろうろしてます。

(1/14追記)
確認したらマニュアルフォーカス・マニュアル露出でF2.8、SS1/13、ISO1600でした。何十枚かに一枚の写真がたまたまさっくり撮れた感じかなー、またやれと言われても無理。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 カサゴ目 クサウオ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。