スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金槌などでがんがんと

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

斑点や体型から判断するとタマガンゾウビラメかな。でもこのボーダー柄はなに? 地の柄ではおそらくないよね。砂底に体色を同化させたかと思うとボーダー柄が出て泳ぎ立ち、降下してまた砂底に同化し、といつまでも忙しく繰り返していたので、興奮していたのか何なのか普通の状態じゃなかったみたい。そういう時にこんな柄が出るのかなと思ったけど(たとえば警告色として働く的な?)、本当のところどうなのかはよくわかりません。

標準和名のタマガンゾウビラメは「斑点のあるガンゾウビラメ」の意味。ガンゾウビラメというのもいるんですよ。で、ガンゾウは雁雑と書き、この魚のうろこの様子が雁の季節に流行る雁雑という皮膚病に似ていることから付いた名前だそう。雁雑は雁瘡(がんがさ)とも言い、アトピー性皮膚炎なのではないかという説があります。うん、アトピーだとしたらこの名前になったのがちょっとわかるかな。

ちなみに私の田舎のほうではこの魚をデベラ(手平。てのひらサイズだから?)と言って、冬に漁港のほうに行くと風に当てて干しているのが見られました。でべらの干物はとても固いので、焼くまえに金槌などでがんがんと叩いて柔らかくします。お酒のあてに良いようで、好きな人はとても好きみたいですね。私の家ではあまり食べなかったから、どんな味だったかよく覚えていないな~。次に帰省したら食べてみましょうか。

はい。撮影情報は2枚ともゾーンAFでシャッター速度優先。1枚目が1/80秒、F1.8、ISO800。2枚目が1/100秒、F1.8、ISO1000。ゾーンではカレイやヒラメの目玉は捕まえにくいです。AFは1点で、もうちょっと絞れば、もっと良く撮れていたと思います。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 カレイ目 ヒラメ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。(^-^)

たまに平べったい魚を見ると面白いものですね!(*^。^*)

でも衣装は、なかなかのものです・・・(p_-)

こんばんは!
おしゃれなしましま可愛いお魚ですね♪
こんなに可愛い子をたべられないです私(笑)

No title

>陽だまりさん
ヒラメのなかまは平べったいものですが、デベラはその中でも輪をかけてペラペラです。だからうちの地方では干物にして、ごはんのおかずというより酒の肴になっていたのかなと思います。

>ぴよさん
柄がある生き物を食べるのを躊躇しちゃう気持ちって、いったいどこから来るんでしょうね。黒毛和牛は食べたいけどホルスタインはなんか抵抗あるし。って黒毛和牛のほうが美味しいんだけど。お魚もカラフルなのは抵抗ありますよね。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。