スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海のハナカマキリ

クリックで拡大

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

シーパラを堪能したあと、皮付きのカリカリ焼き豚と中華菓子を買うために横浜中華街に寄りました。到着時刻は午後5時すぎ。使える時間はまだあるな、ということで水族館にも入りました。

私は小水槽がいっぱい並んだここの雰囲気が好きです。っていうか小水槽展示が好きなのかな。1種類から多くて数種類ぐらいの生き物が入った水槽をひとつひとつ見て行くことで、見知っていたつもりの生き物の魅力が再発見できます。で、この日あらためて素晴らしいと思った生き物のひとつが、このフリソデエビ。じっくり見ていると初めて見たときの感動を思い出しました。今も全然ですが、その頃私はエビカニ類についてほとんど何も知らなかったので、「海のハナカマキリみたい!」と驚いたものです。ハナカマキリっていうのはもちろん昆虫のあれね。ジャポニカ学習帳の表紙にいそうなやつ。

フリソデエビは太平洋からインド洋にかけての温かい海に分布するエビのなかま。本州でも伊豆半島や紀伊半島あたりで見ることができます。特異な姿でもってサンゴ礁などに紛れ、ヒトデを見付けると上に乗っかって左右のハサミを交互にふるい、身をむしって口に運びます。ヒトデの種類を選り好みし、コブヒトデには猫まっしぐらに寄って行きますが、他のヒトデだと見向きもしないこともあるのだとか。なので飼育の際にはコブヒトデも別水槽で飼って、コブヒトデの触手の先をカットして与えたり、あるいは複数のコブヒトデをキープして、順番順番にフリソデエビの水槽に入っていただいたりするそうです。うーん、海の中で勝手にやってるぶんには自然の営みなのでしょうが、人為的にやるのはちょっと引いちゃいますね~。

撮影情報は、いずれもマニュアルフォーカスに絞り優先で、1枚目が1/30秒、F4、ISO1000、2枚目が1/40秒、F1.8、ISO250。

水族館を出たあと、当初のお目当ての皮付きカリカリ焼き豚と中華菓子を買って帰りました。カリカリ焼き豚は水菜やにんじんとサラダ仕立てにして食べました。中華菓子はですね、最近気に入っている招福門の五仁大月餅を二個ほど買いました。ナッツとドライフルーツぎっしりのよくある月餅だけど、ここのは塩味が効いていて、他店とはちょっと違った味わいです。本当に美味しいので、皆様も機会があれば是非! 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 節足動物 甲殻類 十脚目 フリソデエビ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かわいいいi-80エビ好きにはたまらないですね!
それにオシャレ♪

No title

こんにちは。(^-^)

フリソデエビ・・振袖・・・なるほどね~、一見、何が何やらわからないような感じの面白いエビですね!!(◎_◎;)

コブヒトデが餌に・・・生贄みたいな?
ヒトデファンが聞いたら、「な、何すんや~~!!」って感じになりますかね。(*^。^*)

No title

>ぴよさん
ねえ。本当にもう、なんて可愛らしいエビなんでしょう。フリソデエビという名前もいいですよね。給餌の問題さえなければ飼ってみたいなあ。

>陽だまりさん
エビにもいろいろいますが、こんなにも可愛くて変わってるエビはほかになかなかいません。…私はヒトデにはあまり感情移入できないけど、コブヒトデっておしゃれでインテリアに取り入れたい感じのヒトデだから、ファンもきっといるはず。お会いできたらどう思われているか聞いてみたいところです。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。