スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡水魚のくせに

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

フレキシブルAFに露出マニュアルで、1/20秒、F2.5、ISO800。

日本に住む私には、淡水魚というのは水の流れに逆らってぐいぐい泳げるよう細長い体型をしているものであり、体高は高くてもフナやタナゴぐらいがせいぜい、という感覚があります。それだけ日本の淡水域の環境が均一なのだ思うけど、そこに行くとエンゼルフィッシュってすごいです。エンゼルフィッシュは淡水魚のくせに円に近い体型で、ひれも泳ぎの邪魔になるぐらいの大きさに発達していますから。こんなのが生息してるアマゾン川流域ってどれだけ環境が多様なのでしょうね。海洋に匹敵するんじゃないかってぐらいバリエーションに富んだ魚がいますもん、あのへん。

ちなみにエンゼルフィッシュというのは三種か四種の野生種と、それらをブリードして品種改良したものの総称です。この個体はなんだろう、スカラレ・エンゼルの系統なのかなと思いつつ、ぜんぜん違うような気もします。金魚の品種といっしょで、ある程度極めないとよくわからない世界なのかもしれませんね。 関連タグ : サンシャイン水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 シクリッド科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。