スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギヤマンクラゲ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ガラス細工のように繊細なさまから名付けられたギヤマンクラゲ。私個人が抱いているイメージとしては、「ぎやまん」は意匠をこらした食器や花瓶などのガラス器で、「びいどろ」が息を吹き込んで作った風鈴やぽっぴん(ぽっぺん?)などのシンプルな小物。なのでどちらかというとこのクラゲにはビードロクラゲのほうが合っていたんじゃないかという気がします。風鈴みたいなかたちで舌も垂れ下がってますし。ただ、下がりすぎてるし、短冊も取り付けられてないから、音は鳴らないと思うけど。

クリックで拡大

ギヤマンクラゲは傘の直径が大きくて3センチぐらい。そして傘に比してとても長い触手が伸びています。傘をしきりに動かして絶えず遊泳する活発なクラゲなので、長い触手が絡まってしまうこともしばしばあります。でもいつの間にか、不思議と解けてしまうようです。ちなみに風鈴の舌の部分っぽいところは、このクラゲの口と消化器官。体の外に口や胃袋があると思うと、なんかすごいな。想像を絶する体のつくりです。

撮影情報は、1枚目がAF1点に絞り優先で1/30秒、F2.8、ISO400。2枚目がMFに絞り優先で1/40秒、F2.8、ISO1000。傘に立体感が出るように撮りたかったけど、これが結構難しかった。また今度チャレンジします。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 刺胞動物 軟クラゲ目 マツバクラゲ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。(^-^)

繊細な、美しい芸術品を見る思いです・・・(p_-)

No title

今晩は。こうやってクラゲをみると、とても美しいものだと思います。
釣り場などで見るクラゲと違って。
名前もいいです。ギヤマンなんて古風で異国感も漂います。

No title

>ダンボー1号さん
えのすいのギヤマンクラゲの展示水槽は照明が絶妙で、このクラゲをえも言われぬほどきれいに見せてくれます。写真に大きく写してまじまじと見るのもいいですね。このシンプルで美しいものが生きているんだと感動します。

>さんいーさん
ミズクラゲとかアカクラゲとか、見下ろす海にいても特に感慨はないのに、水族館で浮遊している姿には思わず見ほれることがあります。ミズクラゲなんてほんと、お盆すぎに大発生する迷惑もので、海岸にいくらでも打ち上げられてるぶにょぶにょにすぎないのになー。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。