スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼の姿と夜の姿

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

数多いるクラゲのなかでも艶やかさでは指折りのハナガサクラゲ。花笠音頭でおなじみの花笠にたとえて名付けられました。このハナガサクラゲ、昼間の明るいときはあまり動かず、海草にひっかかっていたり、岩の上にいたりするのですが、これが夜暗くなるとー。

クリックで拡大

1枚目の写真では縦ロール状になっていた触手をこんなふうに伸ばし、活発に泳いでエサとなる小魚をハントします。ただこの2枚目のクラゲは、触手伸ばしてるのに偽海草にひっかかったままでいますけど。

今回は触手の状態がわかる写真しか撮っていませんが、いずれこのクラゲの艶やかさを主眼とした写真も撮って記事にしますね。撮影情報はいずれも1点AFにマニュアル露出で、1枚目が1/30秒、F2.8、ISO2000、2枚目が1/40秒、F2.8、ISO1600です。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 刺胞動物 淡水クラゲ目 ハナガサクラゲ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は。
新江ノ島水族館に行かれたんですね。
このクラゲ面白いでうしょね。
本当に花笠みたいです。

No title

>sasamintさん
こんばんは~。
そうです、新江ノ島水族館に行ってきました。前の前のエントリーのネコノアタマもえのすいで撮りましたよ。
ハナガサクラゲはおもしろいですよね。まず姿かたちの全体が美しいし、細部を眺めても飽きません。毒がなければ頭にのせてみてもいいかな~。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。