スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命名・ネコノアタマ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM + Kenko AC CLOSE-UP No.2 + Kenko PRO1D AC CLOSE-UP No.3

この妙なかたちの生き物はクラゲムシといって、カブトクラゲ(過去記事にリンクその1リンクその2)などと同じ有櫛動物に属しています。だからざっくり言うとクラゲの仲間なのだけど、基本的には海の砂底でじっとしてたり、這っていたりして、普通のクラゲのように浮遊はしません。えのすいの展示水槽では、他のクラゲ水槽と同じように水流が作ってあり、なされるがままに漂っていましたけど。

ていうかもしも私にこの生き物のネーミングライツがあったら、絶対に「ネコノアタマ」と付けるよ。(まっさきに思い付いたのは「ネコノクビ」でしたが、ぶっそうなので却下。) 発見したのが海の底でじっとしてるところだったら、「ネコミミボウシ」とでも付けてるかな。実はペイントで顔を描き足してアップロードしようかとも思ったんですけどねー、絵心ないから上手く描けませんでした。

ちなみにこの写真はクローズアップレンズという、レンズの先に装着できる虫眼鏡みたいなものを二枚付けして写しています。18-35/1.8で小物も撮りたくて試したのだけど、もともと重たいレンズがさらに重くなって、撮影を続ける気力がどんどん削られていきました。あと、小さなクラゲの接写ってある程度絞ったほうがきれいに撮れるのだけど、F2.8とかF4とか、そのへんまで絞るなら普通のマクロレンズを使えばいいじゃん、って話になります。なので今回の試みはちょっと失敗でした。撮影情報は、2枚ともゾーンAFに絞り優先で、1枚目が1/50秒、F2.8、ISO4000、2枚目が1/60秒、F2.8、ISO5000、となっています。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Kenko_AC_CLOSE-UP_No.2 Kenko_PRO1D_AC_CLOSE-UP_No.3 有櫛動物 クシヒラムシ目 クラゲムシ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は。ネコノアタマ。タイトルを見たとき、そちらのほうが本名かと思っちゃいました。
クラゲムシよりもいいですよ。絶対。そう見えますから。
アトムノアタマにも見えそう?

No title

こんばんは。(^-^)

確かに、そう見えますよね。(*^。^*)
2枚目なんかは、向きによって、ナースキャップにも見えなくもないかも・・・(^_^;)

不思議な生き物ですね~!(p_-)

No title

 HN未定様

 はぁ、こんな生き物もいるんですね。なにも考えずに
生きているのですね。ちょっとうらやましいかも・・・。
私もそれほど考えずに生きているのですけれども。

No title

>さんいーさん
見えますよね、猫のあたまに!
で、アトムノアタマ。鉄腕アトムですよね、手塚治虫の。キャラクターはわかるけど、どんな話なのかがわかりません。今度暇があったら漫画喫茶にでも行って読んでみます。ちなみに私、魚が出てくる漫画を意識して集めてた時期があって、今も『海のトリトン』を持ってます。

>ダンボー1号さん
最初は「どこが…?」と思いましたが、下の人抜きのナースキャップ単体ならアングルによってこんな感じになりますっけ。そういえば今ってナースキャップ採用してない病院が多いですね。個人医院では年配の方が被ってらっしゃるのをたまに見るけど。

>smilehayashiさん
大体の生き物には感情移入のしどころがあって、何かしら考えているように思えるけど、このクラゲムシには心が入っていく余地がない気がします。何も考えない生き方には私もあこがれるなあ。ゾンビになりたいです。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。