スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目ですっけ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

シングルAF、露出は絞り優先で、1/25秒、F2.8、ISO2500。シャッター速度が遅くなるのは撮る前からわかっていたので、真ん中のクラゲにシンクロするようカメラを動かしました。露出はアンダー気味にして、光を反射している櫛板をくっきり際立たせる感じを狙っています。

カブトクラゲは今年の春頃にしながわ水族館にいたのを載せて以来二度目ですっけ。この日ここで見たのは、しなすいで見たのより大きく育っていて、傘が兜型にしっかり広がっているようでした。カブトクラゲは水温によって大きさや寿命が違い、水温が高めだと小さく育って短命で、低めだと大きく育って比較的長生きするのだそうです。長生きったってまあ3カ月ぐらいだけど。ここのとしなすいのとは、飼育してる水温が違ったのかな? 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 有櫛動物 カブトクラゲ目 カブトクラゲ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。(^-^)

金色を中心に、いろんな色が発光していて美しいです!(p_-)

それにしても、長生きしても3カ月ぐらい・・・まさに美人薄命って、クラゲにも言えるんですね。(~_~;)

No title

こんにちは。
凄くきれいに撮れてますね♪
撮影は三脚使われたのですか?

No title

>ダンボー1号さん
クラゲの中にはベニクラゲのように、環境が悪くなると成体からポリプ(幼生期の形態のひとつ)に戻って人生(?)を何度もやり直すことのできる、原理上は不死なのでは?と言われるものもいるんですけどねー。でもほとんどのクラゲは長生きしても数ヶ月なのではないかと思われます。このカブトクラゲのような小さいクラゲは特に一生が短くなります。

>sasamintさん
手持ち撮影です。水族館では被写体のほとんどが動き回ってますから、そういうのを追いかけるには手持ちのほうが向いているんじゃないかと私は思っています。なので三脚を使うことはあまりないかな~。場面によってはカメラを固定したくなるけど、そういう時は水槽の枠(というか床板や壁かな?)にくっつけて構えるなど、なるべくブレないような工夫をしています。

No title

成体からポリプ(幼生期の形態のひとつ)に戻る!?・・・ふ~む、凄いのがいるんですね~! (◎_◎;)

No title

>ダンボー1号さん
すごいでしょ、ベニクラゲ。若返りが無限に起こりうるのか?というところで疑問はありますが、若返ること自体が私たちの感覚からするとすでにありえないことです。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。