スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロカサゴ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

子どもに大人気のアニメ『妖怪ウォッチ』とのコラボ水槽にいたボロカサゴ。妖怪みたいな魚ということなのでしょうか? 背景になんか余計なのがいますが、常設水槽と違って明るいのがうれしいです。撮影情報はマニュアルフォーカスでシャッター速度優先、1/50秒、F2、ISO200。…ていうかこの日はほとんどの写真を1/50秒固定で撮ってます。真横で面白みがない構図だから、せめて思い切り絞って、全身を細密に描画すればよかったかなと思います。でもなんかこの日はやる気なくて。

はい。ボロカサゴは熱帯の岩礁に生息しており、独特の形状は海草やサンゴへの擬態とされています。カラーバリエーションが豊富で、赤いのや青いのや紫のや、この写真の個体のような黄色いの等さまざまです。カラバリは環境に合わせた保護色なのですが、面白いのはボロカサゴは脱皮によって色を変えること。その場の光の加減や周囲の物の色によって、赤いボロカサゴの表皮がぽろぽろ剥がれると黄色いボロカサゴになっちゃう、ということがあるんです。あと、海草がもじゃもじゃ茂ったところにいると、皮弁が発達してよりもじゃもじゃになることもあったり。う~ん、書いてて改めて思うけど、本当に面白い魚だな~。 関連タグ : エプソン品川アクアスタジアム SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 カサゴ目 フサカサゴ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カサゴのイメージとは違い、びっくりです。
珍しい色ですね。

No title

全身黄色で、丸~いお目目・・・すごくオシャレでかわいいです!(*^。^*)

No title

>sasamintさん
これ、初見だとびっくりしますよね。私が初めてみたボロカサゴは紫色で皮弁も発達してもじゃもじゃで、これが本当に生きた魚なのかと思いました。

>ダンボー1号さん
透け感が秋の涼やかさを演出しています。ヒレだけでなくお肉も透けて向こうが見えそうです。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。