スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピント合わず

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

底に良い雰囲気の魚が! と撮りにかかったけど、アクリルや水による歪みでピント合わず。水族館ではあまり会えない魚なので悔しいです。次に行った時もいてくれるかな。

この魚はエソの一種です。多分クロエソ。エソのつみれ美味しいよね。

エソの語源はおそらく「蝦夷」(えぞ、えみし)です。といってもエソは主に熱帯や温帯に分布しており、北海道のほうでよく採れるってわけではありません。エソって顔付きがヘビのようだからそれこそ蛇蝎のごとく嫌われる向きがあって、いま私の手元にある『和漢三才図会』を開いてみても、「好んで人の屍肉を食う」とか「醜いから女子供は食べない」とか酷い書かれ様をしています。そんなふうに嫌われて、いつからともなく「蝦夷」という名前が当てられたのでしょう。「蝦夷」ってもともと大和朝廷がまつろわぬ民の蔑称に使ってた言葉ですからね。漢字に「蝦」(エビ)が入っているから、海つながりで具合がよかったのかなとも思います。

ちなみに『和漢三才図会』ではエソについて散々な説明をした末に、「ただし大和の人にとってはパーティーで必須のごちそうである」としてその項目を〆ています。語源を考えると面白いですね。なんとも言えない気分になります。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 ヒメ目 エソ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。