スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボダイ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

胸びれの上にある斑点がお灸の痕のただれたもの(疣生、いぼお)のようだからイボダイ。関東では訛ってエボダイとなり、それがイボダイの流通名となっています。「エボダイの開き」がポピュラーですよね。…と、知ったふうに書いてますけど、私はただれた灸痕というのを見たことないから理解がモヤモヤしたままです。「疣生」って言葉もイボダイの名前の由来の説明でしか見たことないし。なんともすっきりしません。

イボダイの幼魚はクラゲの毒への耐性があって、クラゲの傘に隠れて暮らすことが多いそうです。ふわふわ漂いながら守ってもらう暮らし、良いですねえ。ただ、イボダイは軒を貸してくれているクラゲをエサとしてちょくちょく啄ばんでいるらしく。クラゲの側はたまったものではありませんね。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 イボダイ科 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>非表示コメントの方へ
楽しんでこられた様子が伝わって、私も釣られて良い気分になれました。
他に行かれるとしたら青森の浅虫水族館でしょうか?
それとも山形の加茂水族館でしょうか?
加茂水はクラゲの展示が有名で、リニューアルしたばかりできれいだそうですよ。
楽しみに待ってますね。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。