スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツマジロオコゼ

クリックで拡大

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

関内のほうで仕事の関係の所用があったので、バッグの中にカメラを忍ばせて、帰りに中華街の水族館を覗いてきました。水族館のあとは食事して(パクチーが入った辛い刀削麺をいただきました。美味しかった!)、百果月餅も買って帰り、なんかどっちがメインの用事だったのかわからない一日でした。

はい。今回いちばんツボにきた生き物は写真のツマジロオコゼ。体長10センチ足らずの可愛らしい魚です。名前の由来は「つま」(端、爪)が白い個体が多いから。色がきっぱり分かれているのと共に、ヒレや全体のフォルムがとても特徴的。



この動画見てもらうと、ツマジロオコゼの独特のフォルムが海草への擬態になっているのがわかると思います。動き方も水のながれに翻弄される海草の切れ端っぽいでしょ? いやほんと、この動きすごいよ。魚だけど人間国宝に認定したいぐらい。

というか、動画のツマジロオコゼはつまじろくないですね。でもこういう個体もよくいます。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 カサゴ目 ハオコゼ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。