スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトヒキアジ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

換算70mm付近使用、マニュアルフォーカス、シャッター速度優先で、1/160秒、F2.8、ISO3200。シャッター速度を一段以上落として感度が上がらないようにしたほうがよかったと思うけど、早いシャッター速度がどの程度使えるか試してみたかったのでこんな設定になってます。これぐらい写るなら、コンデジしか持っていない時でも、撮れるものの幅が広がりそうです。

さてイトヒキアジ。名前の由来は背びれと尻びれから長く伸びる軟条です。大きくなると1メートルにもなり、その頃には軟条は磨耗したり切れたりしてるのですが、幼魚の頃は体長の何倍もの長さの糸を引いて海を泳いでいます。その姿が有毒種のクラゲっぽいから外敵に襲われにくくなるという説もありますが、実際のところどうしてこんな姿かたちをしているのかは、まだよくわかっていないようです。しかしアジのなかまの魚はピカピカ光ってかっこいいですね。 関連タグ : マリンワールド海の中道 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 アジ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。