スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

この魚の標準和名は「ハチ」といいます。英語で"Wasp scorpionfish"と呼ばれているので、そこからぱくった名前なんだと思う。直訳すると「ハチカサゴ」ってとこですね。カサゴ類を英語では"scorpionfish"とか"scorpioncod"とか言うので。ハチなのかサソリなのかって感じのすごい名前の通り、背に毒のあるヒレがあってうっかり触ると大変です。…しかしあれだな、私、この魚見るたびにすごい作り物感をおぼえます。そこらへんの地味な魚にホウボウの胸びれや派手なカサゴ類の背びれを人の手でくっつけたように感じるんですよね~。

ちなみにこれは二ヶ月ぐらいまえに撮った写真。ピントが合っていないので撮り直したかったけど、今回訪問したらどの水槽を探してもハチはいませんでした。水族館にはあまり入らない魚なので、次に会えるのはいつになるのかな。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 カサゴ目 フサカサゴ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。