スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムサシトミヨ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

ムサシトミヨは他のトゲウオ科の魚同様、鳥のような巣を作って卵を孵す習性があり、冷たいきれいな水にしか住めません。昔は東京から埼玉にかけての湧水地に広く分布していたと云いますが、水質の悪化や渇水によって姿を消し、現在は埼玉県熊谷市の元荒川の一部でしか姿を見ることができません。

まあ飼育下では繁殖に成功していて、水族館などでいくらでも目にすることはできるんですけどねー。ただ、いくら増やしても自然には離せる場所がありません。タナゴ亜科の多くの魚でも同様の問題があります。

種の保存に資するのが動物園や水族館の役割のひとつであるとされますが、この先いったいどうなるんでしょうね、なんか行き着く場所のないノアの箱舟になっちゃいそうな気もしますよね。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 トゲウオ目 トゲウオ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。