スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロチョウザメ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

チョウザメは感覚器であるヒゲで海や川や湖の底を探り、エサとなる小動物を感知したら吸い込みます。…という知識は以前から持っていたのですが、口がこんなふうに開くとは知りませんでしたわ。大きなお皿に山盛りのスパゲティなどもぞぞぞと一気に吸い込めそうです。

クリックで拡大

これは口閉じて普通にしてるとこ。

クリックで拡大

全身です。運動不足なのか、腰が落ちているように見えます。ここのチョウザメは飼育40年以上なんてのが何匹もいますから、水槽に比して大きくなりすぎて、動くスペースが足りないんでしょうね。しかしすごいな。40と何年もひとところで同じメンバーと顔合わせ続けて、いったいなに考えて生きてきたんだろうな。 関連タグ : 京急油壺マリンパーク Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 チョウザメ目 チョウザメ科 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

40年以上も・・・可哀そうになりますね・・・できれば、広い海にかえして、自由にのびのびと残りの命を生きてほしいと思います・・・(・_・)

No title

魚にとって幸せってなんなのでしょうねー。
そんなの考えてもわかるわけないから、私たちがどう感じるかを大事にするしかありませんよね。
私はここのチョウザメについては特に否定的には感じないけど
水族館でしばしば瀕死の深海生物が展示されるのにはどうなの?って思う派です。
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。