スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケ科じゃないなんて

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

カラシン目カラシン科のドラド。カラシンは南米大陸中心に北米やアフリカにも分布する淡水魚の一大グループで、ネオンテトラやピラニアなど多種多様な魚が属しています。

私がドラドを初めて見たのは水族館のアマゾンの魚のコーナーでしたが、まず「南米にもサケ科の魚がいたのね」とびっくり、家に帰ってからドラドについて調べて、サケのなかまでもなんでもないのを知ってまたびっくり。だってこの顔かたちで、脂びれ(背びれの後ろの小さなヒレ。サケのなかまには必ず?付いてます。)まであるのにさ。しかしここまでそっくりだと、食味も似てるのかどうか気になります。

ちなみにサケ科のさかなの南限は本来は台湾あたり。チリやタスマニアのサーモンが日本にも輸入されてきますが、あれは北半球から持ち込んだ養殖ものです。 関連タグ : サンシャイン水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 カラシン目 カラシン科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。