スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメウオ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

前記事のヒメツバメウオはなぜヒメツバメウオと呼ばれるのかというと、こちらのツバメウオとかたちが似ているからです。ツバメウオが最大で1メートル近くになるに対して、ヒメツバメウオは15センチ足らず。だからヒメツバメウオはあたまにヒメがつきました。もっともツバメウオはスズキ目マンジュウダイ科、ヒメツバメウオはスズキ目ヒメツバメウオ科と、科レベルの隔たりがあり、近いなかまというわけでは特にありません。

ヒメツバメウオの名前の由来はわかりましたが、ではツバメウオはどこがどうツバメなのでしょうか。この写真のは立派な成魚だから、いくら観察してもツバメっぽいところは見つからないかも? でももっと若い個体はヒレが上下に大きく伸びていて、ツバメが羽を広げた姿に見えなくもないんですよ。あと幼魚の頃は色が黒いから、そこもツバメっぽく見えるポイントかな。だったら若い個体の写真を貼れって話ですよね。・・・済みません、最近撮った写真のなかにはありませんでした。むか~し撮ったのにはあるはずだけど、探し当てられませんでした。次に若いの見かけたら、写真に撮っておきますね。 関連タグ : しながわ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 マンジュウダイ科 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。