スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は何の予定もないので

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

明日は何の予定もないのでどこかの水族館に出かけたいなと思いつつ、今はあれですよね、幼稚園や小学校の春休み期間中なんですよね。夏休み中ほどには混まないとは思いますがー。う~む、悩むなあ。

上のかわいいのはヤエヤマギンポ。これも昨年末に撮ってお蔵入りさせてた写真です。名前に八重山と付くことからわかるように、沖縄以南の太平洋やインド洋に分布するイソギンポのなかま。

雑食ですがコケを好んで食べてくれるので、水槽の掃除屋さんとして飼っているアクアリストが多いそうです。私だったら脇役でなく主役で飼いたいと思うけど、この種類の魚って多分なわばり意識が強いから、家に置けるサイズの水槽では複数飼いは難しいかも? といって一匹だけじゃさびしいから、他の魚と混泳してもらうことになるのかな。…そうなると、掃除屋さんとして飼ってる人の水槽とあまり変わらない感じになりそうですね。
スポンサーサイト
関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

アカエイの写真をなんとなく

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

昨年末撮ったアカエイの写真をなんとなく。アカエイって日本人にとっては昔からなじみのある魚で、おもしろいエピソードも多々あるのだけど、今日はごめん書けない。眠くてたまらないので今度いい写真が撮れたときにね。おやすみなさい。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 軟骨魚類 トビエイ目 アカエイ科 

ビッグベリー・シーホースの赤ちゃん

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

オーストラリア沿岸に住むタツノオトシゴのなかま、ビッグベリー・シーホースの赤ちゃんがいました。成長すると腹部がぽっこりと発達することからビッグベリー・シーホース(大きなおなかのタツノオトシゴ)またはポットベリー・シーホース(ポットみたいなおなかのタツノオトシゴ)と呼ばれるのですが、小さな頃はスレンダーで、他のタツノオトシゴと見分けるのが困難です。

被写体が真ん中すぎるとかえって間の抜けた写真になるかも、と思って少しずらしてみたけど、いったいどう撮るのがベストだったのかな。次はもっといろいろ試してみましょう。

クリックで拡大

ついでにもう一枚。ピント外してるけど。ちっちゃいものを撮るのは楽しいです。

撮影情報はいずれもシャッター速度優先で、一枚目が1/80秒、F3.2、ISO1250、二枚目が1/60秒、F2.8、ISO1600。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 トゲウオ目 ヨウジウオ科 

もうカミクラゲの季節が

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

品川での所用のあと、足を少しだけ伸ばしてしながわ水族館に立ち寄ってきました。1時間ぐらいしかいられなかったけど、クラゲホールやイルカプールのアンダービューでぼ~っとしてるだけで癒されたなー。時間がないとか疲れてるとか言ってないで、思い切って遊びに行ったほうがかえって元気になれることもあるのかもしれませんね。

写真は1、2月から春すぎにかけて現れる春を告げるクラゲ、カミクラゲです。まえに何度か載せたおぼえがありますが、もうカミクラゲの季節なのねと感慨深く思いシャッターを切りました。1枚目が1/125秒、F1.8、ISO1250、2枚目が1/80秒、F3.2、ISO3200。どっちも露出補正マイナス1と1/3かけてます。2枚目は今見返すと、ピント合わせをもうちょっとがんばりたかったな。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 キタカミクラゲ科 

野菜嫌いのお子さまに!



SONY Cybershot DSC-RX100M3

まずいまずい。気が付いたら二ヶ月以上水族館に足を運んでいません。ブログも放置して広告が出てしまっていました。いい加減仕事含めた生活のリズムを整えて、趣味の時間をしっかりキープしたいのだけど。

更新しようにも今は魚の写真がないから、このあいだ行った横浜は日ノ出町の爬虫類カフェ、横浜亜熱帯茶館(リンク)で撮ったヒョウモンリクガメの食事の様子を。頭部全体を使ってシャクシャク一生懸命食べてるのがかわいい。そしておいしそう。こういうのを好き嫌いの多いお子さんに見せたら、釣られて野菜を食べるようになるんじゃないかな?

初めての訪問でしたが、壁際に並んだトカゲやヘビのケージを眺め、おさわり自由のリクガメやカイマントカゲをさわり、また中国茶を飲みながら談笑するうちに、三時間があっという間に経ちました。ちなみに日之出町は横浜市立野毛山動物園の最寄り駅でもあります。動物園とこちらのカフェとは徒歩15分ぐらいの距離かな。ハシゴしたらすごく充実した休日が過ごせそうですね。 関連タグ : SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 爬虫類 カメ目 リクガメ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。