スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラダイスなんとか

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

買い物のついでにサンシャイン水族館に寄りました。短時間だったから写真よりも鑑賞に集中したのですが、ブログ更新のためにちょっとだけ撮ってきてます。

で、こちら。学名を"Polynemus paradiseus"といって、東南アジアの大きな川の下流の泥底や砂底で暮らす魚。日本では英名から「パラダイス・スレッドフィン(フィッシュ)」とか「スレッドフィン・パラダイス(フィッシュ)」とか呼ばれることが多いみたい。観賞魚としての流通名だから、バラバラで統一されていません。というか私、今のいままでこれと「エレガント・パラダイス(フィッシュ)」と呼ばれる魚が同一種だと思ってたけど、よくよく調べたら「エレガント…」には"Polynemus multifilis"という学名が付いてて別種なんですね。「エレガント…」は神戸の須磨海浜水族園などにいますけど、別種だと知った今も、両者を見分ける自信がないなあ。本当にそっくりだから。生態もほぼ一緒だと思います。

話それましたが、このパラダイスなんとかの外見上の最大の特徴は、からだのまわりにはりめぐらせた何本ものヒゲのような器官でしょう。写真をクリックして拡大してもらうとよくわかると思いますが、あれはヒゲじゃなくて胸びれの条が変化したものです。東南アジアの大河って泥で濁って視界がほとんどないようなところが多いと思うんですよね。パラダイスなんとかはそうした環境に適応し、目が見えなくてもヒレの条のアンテナでもって身の回りの様子を探り、エサを見つけているのです。

撮影情報はマニュアルフォーカス(ただし置きピン)にシャッター速度優先で、1/80秒、F1.8、ISO800。魚体が光って白飛びしましたが、何枚か撮ったうちで構図がいちばんよかったのでこの写真を採用しました。ついでに撮った動画も貼っておきますね。





RX100とRX100M3では操作が微妙に違っていて、M3では動画のピントをどうやって合わせるのか、実はよくわかりません。今度マニュアルをちゃんと読んでおかないと。

(後記)
投稿した直後に"Polynemus paradiseus"と"Polynemus multifilis"とが別種だと知ったので、記事をこっそりと書き換えております。
スポンサーサイト
関連タグ : サンシャイン水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 ツバメコノシロ科 

昼の姿と夜の姿

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

数多いるクラゲのなかでも艶やかさでは指折りのハナガサクラゲ。花笠音頭でおなじみの花笠にたとえて名付けられました。このハナガサクラゲ、昼間の明るいときはあまり動かず、海草にひっかかっていたり、岩の上にいたりするのですが、これが夜暗くなるとー。

クリックで拡大

1枚目の写真では縦ロール状になっていた触手をこんなふうに伸ばし、活発に泳いでエサとなる小魚をハントします。ただこの2枚目のクラゲは、触手伸ばしてるのに偽海草にひっかかったままでいますけど。

今回は触手の状態がわかる写真しか撮っていませんが、いずれこのクラゲの艶やかさを主眼とした写真も撮って記事にしますね。撮影情報はいずれも1点AFにマニュアル露出で、1枚目が1/30秒、F2.8、ISO2000、2枚目が1/40秒、F2.8、ISO1600です。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 刺胞動物 淡水クラゲ目 ハナガサクラゲ科 

オオクチイシナギ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

オオクチイシナギといって、大きなものは2メートルにもなる魚です。全体の雰囲気がクエ(過去記事にリンク)に似ていて、食味も良いことから、クエの代用魚あつかいされることがあるそう。一説ではクエより美味しいとも言われるみたいだけど。…というか、全体の雰囲気が似てると言っても、顔立ちはずいぶん違いますよね。とぼけた味わいのあるクエに対して、オオクチイチナギは男前。深みのあるとても良い顔をしています。

全身入った写真もあるけど、今回はこの顔だけの写真がすごく気に入ったので、そっちは載せません。撮影情報は、テレ端の35mm使用、1点AF、絞り優先で、1/50秒、F2.8、ISO1250。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 イシナギ科 

命名・ネコノアタマ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM + Kenko AC CLOSE-UP No.2 + Kenko PRO1D AC CLOSE-UP No.3

この妙なかたちの生き物はクラゲムシといって、カブトクラゲ(過去記事にリンクその1リンクその2)などと同じ有櫛動物に属しています。だからざっくり言うとクラゲの仲間なのだけど、基本的には海の砂底でじっとしてたり、這っていたりして、普通のクラゲのように浮遊はしません。えのすいの展示水槽では、他のクラゲ水槽と同じように水流が作ってあり、なされるがままに漂っていましたけど。

ていうかもしも私にこの生き物のネーミングライツがあったら、絶対に「ネコノアタマ」と付けるよ。(まっさきに思い付いたのは「ネコノクビ」でしたが、ぶっそうなので却下。) 発見したのが海の底でじっとしてるところだったら、「ネコミミボウシ」とでも付けてるかな。実はペイントで顔を描き足してアップロードしようかとも思ったんですけどねー、絵心ないから上手く描けませんでした。

ちなみにこの写真はクローズアップレンズという、レンズの先に装着できる虫眼鏡みたいなものを二枚付けして写しています。18-35/1.8で小物も撮りたくて試したのだけど、もともと重たいレンズがさらに重くなって、撮影を続ける気力がどんどん削られていきました。あと、小さなクラゲの接写ってある程度絞ったほうがきれいに撮れるのだけど、F2.8とかF4とか、そのへんまで絞るなら普通のマクロレンズを使えばいいじゃん、って話になります。なので今回の試みはちょっと失敗でした。撮影情報は、2枚ともゾーンAFに絞り優先で、1枚目が1/50秒、F2.8、ISO4000、2枚目が1/60秒、F2.8、ISO5000、となっています。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Kenko_AC_CLOSE-UP_No.2 Kenko_PRO1D_AC_CLOSE-UP_No.3 有櫛動物 クシヒラムシ目 クラゲムシ科 

ヒレボシミノカサゴ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

マニュアルフォーカス、絞り優先で、1/30秒、F3.5、ISO1250。後ろのほう、ちょうど背びれの後方に被るあたりに照明の写りこみがあるけど、目立つってほどでもないし、気付かなかったことにしよう。

被写体はヒレボシミノカサゴ。ミノカサゴにしては背びれや胸びれの発達がつつましいかな。でもひげが立派です。名前の「ヒレボシ」は、背びれの後ろのほうに二つか三つほど蛇の目模様があることから。今回のモデルさんのはあまり目立っていませんが、非常にくっきり模様が入っている個体も多く、とても印象に残ります。どこかにいいのがいたら、写真を撮ってまた記事にしますね。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 カサゴ目 フサカサゴ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。