スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らしくない

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

すみだ水族館を少しだけ覗いてきました。写真を撮る気分にはならず、「ブログ用に1枚ぐらいは」とチョイスしたのがなぜかこちらのクエ。もっとすみだ水族館らしい被写体にすればよかった。

すみだ水族館らしい、と言えば、実にすみだ水族館らしい見世物が催されていました。膝にペンギンの雛を抱いて給餌してるウェットスーツのお姉さんを、ガラス越しにガン見できるんですよ。お姉さんはメイクばっちりで、お客さんと目を合わせないよう必死にうつむき続けています。辛い仕事ですよねー。

すみだ水族館てペンギンやアシカのゾーンにウェットスーツのお姉さんたちが不自然に居続けてますよねえ。力の入れどころをいろいろ間違えてます。・・・ってこの短い文で5回も「すみだ水族館」て書いちゃった。いやこれで6回か。
スポンサーサイト
関連タグ : すみだ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 ハタ科 

こっち向いてくれず

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ハリセンボンが膨らんでいる場面に出くわしましたが、こっち向いてくれず~。

クリックで拡大

やっと目玉が見えたと思ったらしゅるしゅると萎んでしまいました。ちゃんと撮れなくて残念でしたが、今回はこんなものでいいか。いずれまたチャンスはあるでしょう。

と「今回は」なんて書いてますが、これ撮ったの一ヶ月ぐらいまえです。なんだかんだ用事があってしばらく水族館に足を運んでおらず、少し前の写真を掘り返してブログを更新しています。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 フグ目 ハリセンボン科 

痛そう

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

最近人気のウォーキングバットフィッシュ。カベにぶつけてしまうのか吻の先が痛々しいことになっています。

ウォーキングバットフィッシュはアンコウの仲間で、観察していると吻の付け根のくぼみから疑似餌を出してチラチラ動かしていることがあります。これが鼻毛っぽいと方々で評判。ちなみに彼らの疑似餌は付いている場所が悪く、釣りの役にはほぼ立っておりません。 関連タグ : サンシャイン水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 アンコウ目 アカグツ科 

ムサシトミヨ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

ムサシトミヨは他のトゲウオ科の魚同様、鳥のような巣を作って卵を孵す習性があり、冷たいきれいな水にしか住めません。昔は東京から埼玉にかけての湧水地に広く分布していたと云いますが、水質の悪化や渇水によって姿を消し、現在は埼玉県熊谷市の元荒川の一部でしか姿を見ることができません。

まあ飼育下では繁殖に成功していて、水族館などでいくらでも目にすることはできるんですけどねー。ただ、いくら増やしても自然には離せる場所がありません。タナゴ亜科の多くの魚でも同様の問題があります。

種の保存に資するのが動物園や水族館の役割のひとつであるとされますが、この先いったいどうなるんでしょうね、なんか行き着く場所のないノアの箱舟になっちゃいそうな気もしますよね。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 トゲウオ目 トゲウオ科 

ねこシャトル

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

次の賞与が出たら新しくデスクトップのパソコンを買おうか買うまいかと思案中なのですが、デスクトップのちゃんとしたモニタで見たら上のネコザメの写真は多分アウトですよね。いまのB5サイズのノートパソコンでは、ピントが目玉を外しているのは分かりつつも、ぎりぎりOKに見えなくもないのだけど。

クリックで拡大

こっちはどうかな、これぐらいなら大丈夫かな。

趣味の一環で写真もやっているからには、しっかりしたモニタが付いてて、なんならRAW現像もできるパワーがあるパソコンを使いたいとは以前から思っていました。でも今まで許容できていた写真の粗が見えてしまうのは辛いなー。

まあそれは先の話。上の二枚を撮っていてふと気付きましたが、私ネコザメを撮ったのはこれまで片手で数えるぐらいしかなかったかもしれない。どこの水族館にもいるし、底性で動きに乏しいし、写真に残そうという意欲があまり湧かなかったのだと思います。でも泳いでるこの個体はきれいでした。背びれの欠けが目立つのも、意匠のひとつのように感じられたぐらい。力学的に計算され尽くした乗り物に通じる美しさがあります。ネコバスじゃないけど、このねこシャトルに乗って海中を遊覧してみたいです。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 軟骨魚類 ネコザメ目 ネコザメ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。