スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトクラゲ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

18-35/1.8持参で水族館に行くのは三回目?それとも四回目かな? どっちだったかよく覚えてないけど、率直に申しましてこの新レンズは非常に重たいです。持ってるだけで疲れてしまって、集中力が欠けてろくな写真が撮れなかったり、写真を撮ること自体「もういいや」ってなったり。もっと体力つけなければなりませんね。

写真はそのような散漫な意識で撮ったカブトクラゲ。光をきらきら虹色に反射するとても美しいクラゲです。撮り方を工夫すればもっときれいに写りそうな気がするので、体力がありあまっているときにいろいろ試してみたいと思っています。ちなみにカブトクラゲはなぜカブトクラゲと呼ばれるのかと言いますと…。

クリックで拡大

この写真見て下さい。180度回転して上下逆にすると、昔の立派な武将さんが被ってた兜のようなかたちになるでしょう? だからカブトクラゲ。
スポンサーサイト
関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 有櫛動物 カブトクラゲ目 カブトクラゲ科 

オニカマス

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

しなすいのオニカマス。大きなものは2メートル近くになるけど、しなすいのこの個体はどうかな、1メートルぐらいはあるかな。開いて干物にしたら壮観でしょうね。まるごと焼いて大勢で食べてみたいです。オニカマスは生息環境によっては毒化していることがあり、食用にするのはとても危険なのですが。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 カマス科 

ご冥福を。

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

さいたま水族館の庭池でコイやソウギョなど500尾が大量死したそうで。(リンク

水から残留塩素が検出されたとのことで、以前海水魚を大量死させたマリンピア日本海の事故を思い出させます。あの事故はイルカ担当から魚類担当に移って間もないスタッフが、寄生虫除去のために塩素系の薬剤を使用したのが原因であるとされています。イルカは水中の塩素を呼吸器には取り込まないから(肺呼吸なので)、消毒の際に塩素を用いることができるのですが、同じことを鰓呼吸の魚類についやってしまったと。まあ要はマリンピア日本海の管理体制が杜撰だったということですね。すでに改善されたとは思いますが。

で、今度のさいたま水族館のはどうなんだろう。事故であるとしてもマリンピア日本海同様の事故はないよね。淡水魚中心のあっこで塩素がさかなに有害なのを知らない飼育スタッフはまさかいないだろうし。水道水を誤ってがんがん入れたか、さもなくば故意かってとこですかね? 庭池なら夜中にいくらでも侵入できそうだし。まあなんにせよお魚さんたち、安らかに眠って下さい。

写真はさいたま水族館とはまったく関係のないフサギンポ。さいたま水族館の写真をアップロードしたかったけど、パソコンの中のどこかに作ったはずの「さいたま水族館」フォルダがなくなってました。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 タウエガジ科 

ニベとシログチ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

あー、ニベがいっぱい、ぎらぎらメタリックで好きー、と眺めていたら異なる印象の個体がちらほら。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

よくよく見たらシログチでした。ごくごく近い種類で(お互い違和感持たず群れになってるぐらいだし)、市場ではごちゃまぜでニベ扱いされることも多いようですが、シログチはニベと較べると鱗が白っぽくて、間抜けででかい顔をしてる印象があります。

ニベのなかまは浮き袋が大きく、釣り上げると浮き袋でぐうぐう鳴くのでグチ(愚痴)とも呼ばれます。あと浮き袋を煮詰めて膠の原料にしたことから「にべもない」という言葉のもとになったり、嘘かまことか中国のどこかで避妊具として用いられることもあったとか、浮き袋にまつわるエピソードに事欠かない魚です。ていうか知ったふうに書いてますけど、ニベがぐうぐう鳴くの聞いたことないから、一度ニベ狙って釣りに行ってみたい。 関連タグ : 新江ノ島水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ニベ科 

今日もウツボ

クリックで拡大

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

うつぼ類の素晴らしさ世に広めるべく今日も貼るよ。一枚目のかわいいのがクモウツボで、二枚目のかわいいのがハナヒゲウツボ。ウツボはとにかく顔がかわいいから、顔だけ写ってればいいのです。

こんな写真見返してると今からでも部屋で魚を飼いたくなるな。アクアやるならもっと広い部屋に越してからと思っているんですけどね。成長しても30センチにしかならないモバウツボなら今の部屋でも飼えるかな~。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 ウナギ目 ウツボ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。