スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターポン

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

大西洋の南のほうに住むイセゴイのなかま、ターポン。最大で2メートル半にもなるとされ、スポーツフィッシングで人気の対象魚です。イセゴイは煮ても焼いても生でも食べられないほど苦くて不味い魚なのだそうですが、近縁のターポンもやはり美味しくないのでしょうか。だとしたら、そんなもの釣ってどうするのと思わなくもないけど、まああれか、趣味で狩猟をする人が、特に美味しくもなさそうなライオンなどを撃つのと同じような感覚なのかな。

クリックで拡大

もう一枚。今日貼った写真は二枚とも、トンネル水槽のきらきらゆらめく水面を生かしたくて下から撮っています。週末でこみこみの通路で撮り続けるのは苦痛で数枚しか撮りませんでしたが、家に戻ってパソコンのモニターで見返したら、水面の美しさだけは期待通りです。次はもっと空いてる時に行って、よりよいポジションを探していろんな魚で試してみたいと思います。
スポンサーサイト
関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 カライワシ目 イセゴイ科 

ナメダンゴ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

口を開けてる!と別のもん撮ってた設定のままで撮ったら、絞り開放でボケすぎました。吸盤で下にくっついててあまり動かない被写体ですので、なんなら二段ぐらい絞って撮ってよかったかもしれません。まあでも、かわいい表情が撮れたからよしとしましょう。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 カサゴ目 ダンゴウオ科 

オールドワイフ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

先週末しながわ水族館で撮ってきたオールドワイフ(Old wife)。先日ウェスタン・レッド・スコーピオンコッドの写真に脇役で登場した魚です。(過去記事にリンク) 名前を知って「やだあ」と笑うおばさまをこれまで何度も見掛けたことがあります。まんま古女房の意味で、水からあげるとグウグウだかギイギイだがうるさく鳴く様子かそう呼ばれるようになったのだとか。

今回はひさびさに60Dを持ち出したのですが、フォーカスリングをいくら回しても被写体がぼけぼけにしか見えなくてあせりました。知らないうちに一眼レフが使えないぐらい目が悪くなったのかと思って。必死に心を落ち着けていろいろチェックしたところ、視度調節のダイヤルがいつのまにか回っていただけだったのが判明。やー、ほんとよかった。泣きそうでしたよ~。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 スズキ目 エノプロスス科 

ファッションフォトっぽくない?

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

ちょっとファッションフォトっぽくないですか? それかポール・デルヴォーのエコーとかさ。ってぜんぜん違うか。

えーと被写体は手前がキントキダイ、奥がホウセキキントキといって、よく似ているけど別々の種類の魚。二人して同じような角度で斜めってるのが面白くて撮ってみた写真です。1/30秒、F1.8、ISO320。

キントキダイは背びれや腹びれなどがよく発達しており、対してホウセキキントキはヒレが比較的小さいので、そこらへんで見分けがつかなくもないけど、キントキダイ科には他にも似たのがいるから、それだけじゃちょっと不十分かな。キントキダイはヒレをもっとしっかり広げると斑点模様が確認できます。で、ホウセキキントキは尾びれに特徴があります。この写真でもわからなくもないけど、詳しくはホウセキキントキをもっとしっかり写した時に説明しますね。 関連タグ : 八景島シーパラダイス SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 キントキダイ科 

同じ個体です。

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

ウェスタンレッドスコーピオンコッド(Western red scorpioncod)。オーストラリア南西部のほうの魚です。背びれに毒棘があるからスコーピオンコッド。まんまニシアカオコゼと訳していいような名前ですね。画面寂しいからうしろに無理やりオールドワイフを入れてます。1/50秒、F1.8、ISO160。

クリックで拡大

館内をもう一回りしてきたら、白い岩の上で体色を変えていました。オコゼ類には保護色に長けたものが多いのですが、短時間でこうも対称的な色を見せられると、保護色ってワンダーな現象だなと改めて思います。レンズの望遠端で1/125秒、F5.6、ISO2000。

ちなみにこのカメラのレンズは伸ばすと暗くなるし、全く寄れなくなるから、いつもは広角端のみで撮ってます。望遠端は屋外でイルカショーを撮るのにぐらいしか使えないかなー。 関連タグ : 葛西臨海水族園 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 カサゴ目 フサカサゴ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。