スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フサギンポ

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

ブログのプロフィール画像をフサギンポにしてみました。ずいぶん前に新江ノ島水族館で撮った写真を使っています。

ということで変更記念に宮島水族館のフサギンポ。北の海のコーナーがある水族館になら大抵どこにでもいますが、何匹もいてかわいかったので沢山写真を撮りました。二枚目、三枚目のオレンジ色が差しているのは、いち早く婚姻色が出たメスです。男なのか女なのかよくわからない顔してますが、繁殖シーズンにはメスはこうして色鮮やかに、オスは対称的に黒っぽくなるので見分けやすくなります。
スポンサーサイト
関連タグ : 宮島水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 スズキ目 タウエガジ科 

スナメリ

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM

リニューアルして通称「みやじマリン」となった宮島水族館。平屋だった建物が三階建てとなりボリュームアップしているはずなのに、どこか物足りなくなったのは写真のスナメリ水槽のせいです。今の水槽はアクリルの壁面がマジックミラー状になっていて、愛想のよかったニコちゃんが人の姿に反応してくれなくなりました。三枚目は一見こっち見てるげですが、壁面に映った自分を見てるだけ。…まあ今のほうが動物にとってはストレスフリーな環境ではあるのかもしれません。 関連タグ : 宮島水族館 Canon_EOS_60D Sigma_30mm_F1.4_EX_DC_HSM 哺乳類 クジラ目 ネズミイルカ科 

ヌマガレイの泳ぎ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

マリンワールド海の中道には長めに取った休みで訪ねたので、気力体力ともに十分で、久しぶりにゆったりカメラを構えることができました。でも勘とちょっとしたコツ等はブランク空くと飛んでしまいますね。これからはもうちょっと頻繁にカメラを持ち出したいと思います。

さて、写真の魚はヒラメのように目が左側にありますがカレイのなかまです。日本では関東以北に分布するヌマガレイ。河川の中流域など淡水にも生息するとかで、このような和名になっています。この水槽は北海道あたりの海を模したものだったかな? 昆布の森がさまざまな魚の住処となる様子がうかがえる興味深い水槽でした。 関連タグ : マリンワールド海の中道 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 カレイ目 カレイ科 

久しぶりすぎて

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

最後に更新してから1年半近く経っています。この間まったく水族館に行っていなかった、ということもないのですが、なんなんでしょうね、休日も仕事の気分を引きずってしまうのか、重いカメラを持ち出したり写真を沢山撮ったり整理したりする気力がなく、ずるずると時間が過ぎてしまった感じです。ブログの管理ページに入るのも久しぶりすぎて、写真の貼り方やタグの付け方などを忘れてしまってました。

今日アップしたのは福岡のマリンワールド海の中道で撮ったキンメモドキ。水族館ではなかなか見られない密度の群れで感動しました。余白とピントの位置とに注意して何枚か撮りましたが、生でみて感じるびっしり具合・うじゃうじゃ具合がまったく写し込めておらず無念です。

クリックで拡大

いつもこうしてメガネモチノウオのまわりで群れを作っているようですね。というかこの二枚目は、ただ写しただけで見返しても愛を感じない写真なので、人様にはあまり見せたくなかった。 関連タグ : マリンワールド海の中道 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 スズキ目 ハタンポ科 ベラ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。