スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干を見るとつばが出る的な

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-50mm F2.8 DC HSM

ゾーンAFに露出マニュアルで1/30秒、F2.8、ISO1000。動いている被写体なのにシャッター速度が遅めなのは、狙っていたのが静止していた別の魚だったからです。本命の脇を口開けてさーっと通り抜けて行ったので、AFのモードだけ切り替えて流しながらぱしゃりと。口を開けた魚がいたらとりあえず撮ってしまうのは、梅干を見るとつばが出る的な、水族館で写真を撮る人間に備わってしまう条件反射に近い行動だと思います。

この魚はキジハタ。雉のような模様からこの名前になったと言われますが、この写真の個体を見ても「どこが?」という感じですよね。キジハタって色や模様に個体差があって、いろいろ見て行くとヤマドリっぽい色合いのものが多いように思われます。なのでキジとヤマドリの区別に無頓着な海辺の人たちがキジハタと呼んだのかな、と私は考えています。

ちなみにキジハタの学名は"Epinephelus akaara"と言いまして、種小名の"akaara"はキジハタの九州北部での地方名に由来します。かのシーボルトが標本と「アカアラ」という名称とを母国オランダに持ち帰ったことで、そのような名前が付けられました。同様に日本語が学名に入っている動植物は結構あって、たとえばアカエイ(学名"Dasyatis akajei")なんかもそう。アカエイもシーボルトが持ち帰ったものが向こうでの最初の報告ということになるのだけど、オランダ人にとっては「アカエイ」という発音が聞き取りにくかったのか"akajei"と訛ってしまったのです。
スポンサーサイト
関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ハタ科 

というのもありつつ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

AF1点で絞り優先、1/50、F2.8、ISO1000。被写体の後方にもうちょっと奥行きを持たせたかったけど、活発に動き回っていたので同じようなポーズの他の撮り方は試せず。でもまあこれはこれでいいか。

はい。このケムシカジカは以前載せたのと同じ個体です。(過去記事にリンク) 暗闇に映えるさまがかっこいいので見てほしいというのもありつつ、更新ネタになる写真が本当にもうないのです。個人的なメモ用・記録用に真横から撮った写真はいくらでもあるんだけどねー、ただ私がいまやっているような記事のスタイルでは、そういう写真を紹介してもあまり面白くなさそうですから。

ケムシカジカは寒い地方の魚で、太平洋岸では東北以北、日本海側では北陸以北に多く生息しています。見ての通りこわもてのするユニークな容貌なので、水族館の冷たい海のコーナーに好んで入れられます。食用魚としても流通していて、私も以前スーパーの鮮魚売り場で見かけたことがあります。手頃な値段だったので買おうか買うまいか迷ったのですが、イワシの手開きやアジの三枚おろしがせいぜいの私の腕前ではうまく扱えなさそうなので、断腸の思いで諦めました。…って今気付いたけど、自分で捌けないならお店の人に捌いてもらえばよかったのに! うん、次見かけたらそうする。いろんな魚を食べて食味レビューができれば、ブログで書けることが広がりそうでもあるし。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 カサゴ目 ケムシカジカ科 

魚の目玉が好きです

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

えのすいには魚の目玉がきれいに見える水槽が多いので、気が付くと魚の顔の写真ばかり撮っていることが少なくありません。そうして撮った写真のほとんどは一人でうっとり見入る用なんだけど、今回のコレは目玉が美しいだけでなく、表情もなかなかなので公開しましょう。(水族館に行っていないから、更新ネタが尽きてきてもいますし)

撮影情報はライブビューでマニュアルフォーカス&マニュアル露出、1/50秒、F3.5、ISO6400。被写体は北海道の太平洋岸で獲れるマツカワという高級ガレイ。ヒラメをしのぐ食味のものもいるとかいないとか言われています。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 カレイ目 カレイ科 

なんだか散漫な印象の

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

今日も公休で自由に動けたのに、動くことを体が欲さなかったので家でごろごろ。先週からひいている風邪が結構しつこくて、体調大崩れはないのだけれど、微妙に気力をそがれています。みなさまはこのようなことがないようお気を付けくださいませ。

これでもう二週間ぐらい水族館に足を運んでいないので、今日の写真も先月のストックから。被写体はイオリクラゲといって、傘の高さが大きいもので4センチぐらいになります。館の解説板によると、採集された地名から和名が付いたとのことですが、日本固有種というわけでも、日本で最初に発見されたわけでもありません。というか、「イオリ」ってどこのことなんでしょうか?

上の写真の撮影情報は、マニュアルフォーカスに露出は絞り優先で、1/50秒、F3.5、ISO6400。なんだか散漫な印象の写真になってしまったのは、意図したところよりも奥にピントが行ってるからだと思う。右側手前のにぴったり合わせたつもりだったのですが。この場面ではオートフォーカスに頼るべきでした。

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

マクロレンズで撮った写真も。マニュアルフォーカスにシャッター速度優先で、1/60秒、F2.8、ISO6400。あ、1枚目も2枚目も露出補正アンダーで、たしか1枚目が-1、2枚目が-2/3ぐらい。クラゲは露出補正いじらないと思った通りの写りにならなくて、ちょっと面倒です。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 エボシクラゲ科 

エダクダクラゲ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

今日は私、公休です。葛西臨海水族園でミツクリザメ展示中とのニュースがありましたので(リンク)なんなら見に行こうかと思っていたけど、先日から続いているのどの違和感が、朝おきたらとてもまずい感じに。しかも熱っぽい。家事やちょっとした外出ぐらいはまったく平気だけど、明日以降体調崩すわけに行かないので家でのんびりしています。というか風邪ひきで人ごみに遊びに行くのは普通に迷惑ですしねー。

はい。そんなわけで暇つぶしにブログを更新します。今日はエダクダクラゲという、傘の直径が10ミリあるかないかぐらいの小さなクラゲの写真です。漢字で表すと「枝管水母」。放射管が枝のように分かれて伸び、それが傘の縁に達したところからさらに触手が分岐して生えるという、解剖学的な特徴から名付けられました。写真に撮ってまじまじと見ると「なるほど…?(半信半疑)」と思わなくもありませんが、私のようなアマチュアには専門的すぎてしっくりときません。

クリックで拡大

外見からなら、放射状に広がってお花のように見える生殖腺から名付ければよかったのに。でもなんて付けましょう。オハナクラゲ? それとも生殖腺を「へた」、その下の内臓を「実」にみなしてイチゴクラゲとか。いや、どっちもいまいちだな。

写真の撮影情報は、すべてマニュアルフォーカスにマニュアル露出で、1枚目・2枚目が1/80秒、F2.8、ISO6400。3枚目が1/60秒、F4、ISO6400。次はもっとキリっとした写りにしたいです。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_70D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 エダクダクラゲ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。