スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカエイの写真をなんとなく

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

昨年末撮ったアカエイの写真をなんとなく。アカエイって日本人にとっては昔からなじみのある魚で、おもしろいエピソードも多々あるのだけど、今日はごめん書けない。眠くてたまらないので今度いい写真が撮れたときにね。おやすみなさい。
スポンサーサイト
関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 軟骨魚類 トビエイ目 アカエイ科 

これも昔の写真。

クリックで拡大

Canon EOS Kiss X2 + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

これもツバメウオの幼魚を探してて掘り当てたイイダコの写真。かわいい。ネコもこういうとこによく入りたがりますよね。そう思って見てると二つの目玉のでっぱりがネコの耳に見えてくるような見えてこないような。…いえ、気の迷いでした。やっぱネコ耳には見えません。 関連タグ : 新江ノ島水族館 Canon_EOS_Kiss_X2 Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 軟体動物 頭足類 八腕形目 マダコ科 

今週はのんびりします。

クリックで拡大

Canon EOS Kiss X2 + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

先週ばたばたしていたのはまったくもって自業自得で、実はわたし、資格取得のために大学の通信教育部に入っているのですが、取ってる講義のレポートの締め切り日を一ヶ月先だと勘違いしていたんですよ。それがよくよく調べたら今月19日までで大わらわになったという。…馬鹿すぎて言葉もありません。しかも結局間に合わず、後半章立てだけで提出したのもあったりして。二年で卒業したいけどこんなんじゃ無理っぽいです。

はい、気持ち切り替えて。今日貼った写真はむか~し京急油壺マリンパークで撮ったスミツキアカタチ。今は亡き深海館D.S.ワンダーで飼育されていました。一眼レフを買って初めての頃の写真というのもあり、いろんな意味で懐かしいです。本当はツバメウオ(過去記事にリンク)の幼魚の写真はなかったかと過去の写真を漁っていたのですが、なんだかんだと思い出しながら見入ってしまい、捜索進みませんでした。 関連タグ : 京急油壺マリンパーク Canon_EOS_Kiss_X2 Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 スズキ目 スミツキアカタチ科 

ヨロイイタチウオ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

18-35/1.8の水族館での実写はもうちょっと先になる予感。風邪の症状は喉に多少残っている程度ですが、週末の混み合った水族館で大きいカメラを抱えながら魚を見たいかというとねー。そこまでの気力はさすがにないわ。とりあえず今日は美容院の予約入れたからもう無理です。

写真は竹島水族館のヨロイイタチウオ。この日私が滞在していた1時間あまりのあいだはお気に入りの物陰から出てこず、全身の写真は撮れませんでした。このアングルだとスマートで愛らしい顔のまあ普通の魚っぽいけど、全身出ると、ナマズやタラのような体形と顔とのマッチングがなんかなんか変なんですよ。次にあのへんに行くときは、竹島水族館だけで最短半日かけるようなゆったりしたプランを組みます。

ところでヨロイイタチウオってどうしてヨロイイタチウオと呼ばれるのでしょう? イタチウオはともかくヨロイがわかりません。思うに、英名を丸ぱくりしたから実態と合わない和名になったのではないでしょうか。ヨロイイタチウオには鰓蓋のあたりに硬い棘があります。そのへんから武装したタラぐらいの意味合いで "Armoured cusk" ("cusk" は「鱈」)と呼ばれていますが、日本の学者のどなたかが「あーまーど? はいはいヨロイね」と安直に訳してしまったのではないかと。横着しないでもうちょっと考えましょうよ、日本の学者のどなたか。って自分の想像に怒っても仕方ありませんが。 関連タグ : 竹島水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 アシロ目 アシロ科 

プロフィール画像を

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

プロフィール画像を変更しました。大大大好きなモヨウモンガラドオシ! 見た目から伝わってくるテクスチャーがフェルトっぽいでしょ? にょろにょろと長いのに顔だけぬいぐるみっぽくて超かわいいのです。ちなみにモヨウモンガラドオシは漢字で書くと模様紋柄通し。「通し」は通し模様の「通し」ですね。似たような言葉ばかりみっつも重ねなくていいのに。

写真は九月に愛知県蒲郡市の竹島水族館で撮ったもの。小規模館ですが、その時々でとれとれの深海生物など珍しいものを展示してくれる良い施設です。 関連タグ : 竹島水族館 Canon_EOS_60D Sigma_18-50mm_F2.8_EX_DC_MACRO 硬骨魚類 ウナギ目 ウミヘビ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。