スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうカミクラゲの季節が

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

品川での所用のあと、足を少しだけ伸ばしてしながわ水族館に立ち寄ってきました。1時間ぐらいしかいられなかったけど、クラゲホールやイルカプールのアンダービューでぼ~っとしてるだけで癒されたなー。時間がないとか疲れてるとか言ってないで、思い切って遊びに行ったほうがかえって元気になれることもあるのかもしれませんね。

写真は1、2月から春すぎにかけて現れる春を告げるクラゲ、カミクラゲです。まえに何度か載せたおぼえがありますが、もうカミクラゲの季節なのねと感慨深く思いシャッターを切りました。1枚目が1/125秒、F1.8、ISO1250、2枚目が1/80秒、F3.2、ISO3200。どっちも露出補正マイナス1と1/3かけてます。2枚目は今見返すと、ピント合わせをもうちょっとがんばりたかったな。
スポンサーサイト
関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 キタカミクラゲ科 

カサカサと何かが

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

いまの職場は横浜の市街地でなく山のほうなので、まわりに畑や空き地やちょっとした繁みが結構残っています。私が最寄り駅から歩いて行くルートにも開発から取り残された竹やぶがあるのですが、今日その竹やぶのそばを通っているとカサカサと何かが動く気配がしまして、何かと思い立ち止まって凝視していると、5、6羽のコジュケイの群れがやぶから出てきました。コジュケイってのは中国原産のキジのなかまで、日本では大正時代に狩猟目的で放鳥されたものが帰化したのだそうです。すなわち何かと問題にされる外来生物のひとつなんだけど、野生のコジュケイ見たのは初めてだからうれしかった~。今後も何か珍しいものに会えるかもしれないので、がんばって職場に通おうと思った次第です。

はい。今日の写真も去年の12月に撮ったもの。「ショートノーズユニコーンフィッシュ」というキャプションが付いてたけど、これって日本で言うところのツマリテングハギですよね? テングハギのなかまの他の種類のものと較べて、額の突起と口の間が短い(詰っている)ことからそのように呼ばれています。

クリックで拡大

ヒゲが生えた写真もついでに。ホンソメワケベラがクリーニングのために付きまとっておりました。

今の職場に通い続けるなら、鳥が撮れる小さいカメラが欲しいな。家のほうと違っていろんな鳥がいるみたいだから、写真に撮ってあとで名前を調べたいのです。なんかいいのないか探してみよう。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ニザダイ科 

アップできる写真がありません

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

元気は元気ですが、通勤時間が長くなったせいで、家で使える時間が少なくなりました。でももう少し慣れれば時間のやりくりが上手くなって、ブログを更新する時間も作れるようになるんじゃないかと思います。

さて久しぶりに更新しようと思ったら、このところどこにも出かけていないからアップできる写真がありません。今日引っ張り出してきたのは昨年12月の失敗作。キッシンググラミーがチュウしてるのを動画で撮ろうとしていたのだけど、操作間違えて写真になっちゃった。写真のつもりじゃなかったから撮影設定から何からめちゃくちゃでまともに撮れていません。また機会があれば最初から写真撮るつもりで狙ってみますね。

キッシンググラミーは東南アジアのマレー半島やスマトラ、ボルネオあたりに生息する淡水魚です。オスは非常になわばり意識が強く、オス同士が出会うとムチュッと尖らせた口で押し合います。その様子がキスしてるように見えるのでキッシンググラミーと呼ばれています。鑑賞するぶんにはまあ楽しいのですが、魚のほうはマジ喧嘩してるわけですから、本当はチュウが頻繁に起こるような環境で飼うべきではないのかもしれませんね。 関連タグ : サンシャイン水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ヘロストマ科 

シリアスには浸れない

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

私事で恐縮ですが、家から程々に近くて、とても気に入っていた職種の事業所から、通勤時間が倍以上かかる、まったく別の職種の事業所に回されることになりました。希望がまったくかなわず悔しくてたまりません。でも悔しい一方で「今度の職場から近いのは新江ノ島水族館かー」と考えていたりもして、なんかもう、私ってなんなのって感じ。シリアスには浸れないようにできてるみたいですね。えのすいに行きやすくなるのを励みにがんばります。

写真はアオリイカ。この時期水族館にはよく入ってきます。イカってこんなに美しい生き物なのねと感動すること請け合いなので、機会があればぜひご覧になっていただきたいと思います。。AF1点で露出マニュアル、1/80秒、F2.5、ISO250。ライブビュー使ってカメラを胸元とか頭の上とかいろんな位置で構えて、いい感じに写る構図を探りながら撮りました。次に撮るときは露出も何パターンか試したいです。この程度の写りでは、生で見てるときの美しさにまったく及んでいないと思うし。 関連タグ : サンシャイン水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 軟体動物 頭足類 ツツイカ目 ヤリイカ科 

何を叫んでいるのでしょうか

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

水槽の底で休みつつ、何かを叫んでいるオハグロベラ。何を叫んでいるのでしょうか。単純に「わ゛ー」とか「に゛ゃー」とか、そんなとこかな?

はい。他の多くのベラのなかまがそうであるように、オハグロベラは雌性先熟といって、生活史のはじめのほうをメスとして過ごし、あとのほうになるとオスになる個体が現れます。この生態は一匹のオスがなわばりのなかのすべてのメスを独占する習性と密接に関わっています。オスは体が大きく強くないと、他のオスとの争いでなわばりを維持できません。ですので体が小さい頃はメスとして過ごしたほうが、自分の子孫を残す上では有利なわけ。で、何かあってオスが死んだりいなくなったりすると、そこらへんのメスのなかで最も大きな個体がオスに変わって、新しいハーレムの主になるのです。

オハグロベラの雌雄はからだの色と、背びれの条のながさとで見分けがつきます。色が黒くて、背びれの条の1本目と2本目とが長く伸びているのがオス。背びれの条の1本目と2本目とはメスでいるときも他の条よりも長いのですが、オスになるともっと伸びるのです。上の写真の個体の背びれの条はどうかなー、普通のメスより長い気もするなー。もしかするとこれ、オスになりかけているのかもしれません。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ちょっと前に撮った写真ですが、これが完全なオス。これ見るとオハグロベラという標準和名の由来もよくわかるんじゃないかと思います。うろこを見ていると、お歯黒をしたちょっと黄ばんだ歯が並んでいるみたいに思えませんか?

1枚目のオスなりかけさん?の写真は、タッチAF後にMFで微調整、露出マニュアルで、1/80秒、F2.5、ISO1000。昔撮った2枚目は、AF1点でシャッター速度優先、1/80秒、F1.8、ISO1250。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。