スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナアナゴ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

写真のにょろにょろはハナアナゴといって、水族館ではあまり展示されないアナゴのなかまです。もっともそこらへんの海には普通にいるんですけどね。食用にはあまりされないから、一般の流通経路からの入手が難しいってとこで、展示が少なくなっているのだと思います。シーパラって独自採集を結構やってて、こまめに通っているとちょっとレアめな生き物に結構出会えたりするのです。

ハナアナゴとマアナゴとの違いはまず体型かな。マアナゴと較べると少しだけ寸詰まりな感じ。鼻先も短く、目玉が大きく見えます。あと個体差はあるけど、鼻のあたりに白いドット模様が目立つものが多いようです。鼻のあたりに特徴があるからハナアナゴ? マアナゴより少しだけ華やかな印象があるからハナアナゴ? と名前の由来に思いを巡らせてますが、本当のところは知りません。機会をみて調べたいとは思っています。

と、話はまったく変わるのですが、ブログを休んでいるあいだに身辺いろいろと変わりました。いちばん大きな変化は藤沢に引っ越したことでしょうか。新しい職場にそれなりに近いのと、あと水族館へのアクセスが良好なのが今のところを選んだ理由。新江ノ島水族館へは一本で行けるし、静岡方面の水族館にも在来線利用の日帰りで行けそうだから。といいつつ何だかんだ忙しくて、まだ全然行っててないんだけど。

機材の面ではカメラやレンズは変わってないけど、デスクトップのでっかいパソコンを買いました。何か大きなものを買って、水族館通いも写真も続けるよという意思をモノで表したくて。これからは大きい画面で自分の写真の(数少ない)良いところも(山ほどある)悪いところも直視して次につなげられます。それとあと、パワーあるからRAW現像ソフトがしっかり動くはず。いずれLightroomとか買って、暇なときに写真の修整ができればなと思っています。

…シーパラで撮った写真は先日のと今日のとの二枚きりだから、ブログを更新するためにはまた水族館に行かないとですね。次はどこに行きましょうか。
スポンサーサイト
関連タグ : 八景島シーパラダイス SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 ウナギ目 アナゴ科 

元気ですよ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

八景島シーパラダイスに行ってきました。このところ遊びに行くってことがとんとなく、水族館も久しぶりだったので、カメラの操作の仕方を忘れていたり、場面にあった撮影設定を選ぶ勘が鈍っていたり、写真のほうはさんざんでした。このマアナゴの写真も、今見返すに一段かそれ以上絞って、シャッター速度ももうちょっと粘らせるべきでしたねー。でも今回は写真撮影は主たる目的ではなかったので、まあよいのです。うみファームで小アジを釣ったり、ふれあいラグーンでセイウチのひげに触ったり、どちらかというとそっちをがっつり楽しんできました。

うみファームは海を利用した生簀で釣りをしたり、魚に餌をやったりできる、敷地が広く海に面したシーパラならではの施設です。ちょっと割高なのがネックだけど(釣竿の貸し出しと餌で620円、小アジを唐揚げにしてもらうのが1尾ごとに160円)、子供や女性でも気軽に釣りを楽しめるのでおすすめ。揚げたてのアジも美味しいし。私は水族館には大抵一人で行くから、うみファームやふれあいラグーンには足を運んだことが実はなかったんだけど、いや思った以上に面白かった。また行きたいと素直に思いました。

もうちょっといろいろとがんばって、水族館を楽しむ心の余裕を作ります。 関連タグ : 八景島シーパラダイス SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 ウナギ目 アナゴ科 

明日は何の予定もないので

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

明日は何の予定もないのでどこかの水族館に出かけたいなと思いつつ、今はあれですよね、幼稚園や小学校の春休み期間中なんですよね。夏休み中ほどには混まないとは思いますがー。う~む、悩むなあ。

上のかわいいのはヤエヤマギンポ。これも昨年末に撮ってお蔵入りさせてた写真です。名前に八重山と付くことからわかるように、沖縄以南の太平洋やインド洋に分布するイソギンポのなかま。

雑食ですがコケを好んで食べてくれるので、水槽の掃除屋さんとして飼っているアクアリストが多いそうです。私だったら脇役でなく主役で飼いたいと思うけど、この種類の魚って多分なわばり意識が強いから、家に置けるサイズの水槽では複数飼いは難しいかも? といって一匹だけじゃさびしいから、他の魚と混泳してもらうことになるのかな。…そうなると、掃除屋さんとして飼ってる人の水槽とあまり変わらない感じになりそうですね。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

野菜嫌いのお子さまに!



SONY Cybershot DSC-RX100M3

まずいまずい。気が付いたら二ヶ月以上水族館に足を運んでいません。ブログも放置して広告が出てしまっていました。いい加減仕事含めた生活のリズムを整えて、趣味の時間をしっかりキープしたいのだけど。

更新しようにも今は魚の写真がないから、このあいだ行った横浜は日ノ出町の爬虫類カフェ、横浜亜熱帯茶館(リンク)で撮ったヒョウモンリクガメの食事の様子を。頭部全体を使ってシャクシャク一生懸命食べてるのがかわいい。そしておいしそう。こういうのを好き嫌いの多いお子さんに見せたら、釣られて野菜を食べるようになるんじゃないかな?

初めての訪問でしたが、壁際に並んだトカゲやヘビのケージを眺め、おさわり自由のリクガメやカイマントカゲをさわり、また中国茶を飲みながら談笑するうちに、三時間があっという間に経ちました。ちなみに日之出町は横浜市立野毛山動物園の最寄り駅でもあります。動物園とこちらのカフェとは徒歩15分ぐらいの距離かな。ハシゴしたらすごく充実した休日が過ごせそうですね。 関連タグ : SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 爬虫類 カメ目 リクガメ科 

ALSOKでもいいけど

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

やっとこさ新年を祝える余裕ができました。今日からは新しい職場になじむことに傾注するよ。そして水族館にも行くよ。ということでみなさま、新年明けましておめでとうございます。

写真は先月撮ったハゼのなかまのヒレナガネジリンボウ。茶色いリボンを斜めに巻いたように入っている縞模様と、ピンと立てた背びれの条とが名前の由来です。

ヒレナガネジリンボウの顔のちょっと下に小さいエビが写っているのがわかりますか? これはテッポウエビの一種で、たぶんニシキテッポウエビかなにか。ある種のハゼとテッポウエビとの共生はよく知られてますよね。テッポウエビは巣穴を作ってせっせとキープし、ハゼはその巣穴のすぐそばで周囲を警戒します。で、天敵が近づくとハゼは巣穴にさっと潜り、エビもハゼのその動きで敵の接近を悟って、一緒に巣穴に潜り込みます。ハゼはテッポウエビをハウスキーパーとして利用し、テッポウエビはハゼをセコム(ALSOKでもいいけど)として利用しているわけです。この共生関係は水族館でもしばしば展示のテーマにされますが、見た目が可愛らしいヒレナガネジリンボウとニシキテッポウエビとは特に好んで展示されているように感じます。

撮影情報は、マニュアルフォーカスにマニュアル露出で、1/40秒、F2.8、ISO125。これなら1、2段絞れましたねー。そしたらエビがもっとちゃんと写ってた。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 ハゼ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。