スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップできる写真がありません

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

元気は元気ですが、通勤時間が長くなったせいで、家で使える時間が少なくなりました。でももう少し慣れれば時間のやりくりが上手くなって、ブログを更新する時間も作れるようになるんじゃないかと思います。

さて久しぶりに更新しようと思ったら、このところどこにも出かけていないからアップできる写真がありません。今日引っ張り出してきたのは昨年12月の失敗作。キッシンググラミーがチュウしてるのを動画で撮ろうとしていたのだけど、操作間違えて写真になっちゃった。写真のつもりじゃなかったから撮影設定から何からめちゃくちゃでまともに撮れていません。また機会があれば最初から写真撮るつもりで狙ってみますね。

キッシンググラミーは東南アジアのマレー半島やスマトラ、ボルネオあたりに生息する淡水魚です。オスは非常になわばり意識が強く、オス同士が出会うとムチュッと尖らせた口で押し合います。その様子がキスしてるように見えるのでキッシンググラミーと呼ばれています。鑑賞するぶんにはまあ楽しいのですが、魚のほうはマジ喧嘩してるわけですから、本当はチュウが頻繁に起こるような環境で飼うべきではないのかもしれませんね。 関連タグ : サンシャイン水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ヘロストマ科 

ALSOKでもいいけど

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

やっとこさ新年を祝える余裕ができました。今日からは新しい職場になじむことに傾注するよ。そして水族館にも行くよ。ということでみなさま、新年明けましておめでとうございます。

写真は先月撮ったハゼのなかまのヒレナガネジリンボウ。茶色いリボンを斜めに巻いたように入っている縞模様と、ピンと立てた背びれの条とが名前の由来です。

ヒレナガネジリンボウの顔のちょっと下に小さいエビが写っているのがわかりますか? これはテッポウエビの一種で、たぶんニシキテッポウエビかなにか。ある種のハゼとテッポウエビとの共生はよく知られてますよね。テッポウエビは巣穴を作ってせっせとキープし、ハゼはその巣穴のすぐそばで周囲を警戒します。で、天敵が近づくとハゼは巣穴にさっと潜り、エビもハゼのその動きで敵の接近を悟って、一緒に巣穴に潜り込みます。ハゼはテッポウエビをハウスキーパーとして利用し、テッポウエビはハゼをセコム(ALSOKでもいいけど)として利用しているわけです。この共生関係は水族館でもしばしば展示のテーマにされますが、見た目が可愛らしいヒレナガネジリンボウとニシキテッポウエビとは特に好んで展示されているように感じます。

撮影情報は、マニュアルフォーカスにマニュアル露出で、1/40秒、F2.8、ISO125。これなら1、2段絞れましたねー。そしたらエビがもっとちゃんと写ってた。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 ハゼ科 

何を叫んでいるのでしょうか

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

水槽の底で休みつつ、何かを叫んでいるオハグロベラ。何を叫んでいるのでしょうか。単純に「わ゛ー」とか「に゛ゃー」とか、そんなとこかな?

はい。他の多くのベラのなかまがそうであるように、オハグロベラは雌性先熟といって、生活史のはじめのほうをメスとして過ごし、あとのほうになるとオスになる個体が現れます。この生態は一匹のオスがなわばりのなかのすべてのメスを独占する習性と密接に関わっています。オスは体が大きく強くないと、他のオスとの争いでなわばりを維持できません。ですので体が小さい頃はメスとして過ごしたほうが、自分の子孫を残す上では有利なわけ。で、何かあってオスが死んだりいなくなったりすると、そこらへんのメスのなかで最も大きな個体がオスに変わって、新しいハーレムの主になるのです。

オハグロベラの雌雄はからだの色と、背びれの条のながさとで見分けがつきます。色が黒くて、背びれの条の1本目と2本目とが長く伸びているのがオス。背びれの条の1本目と2本目とはメスでいるときも他の条よりも長いのですが、オスになるともっと伸びるのです。上の写真の個体の背びれの条はどうかなー、普通のメスより長い気もするなー。もしかするとこれ、オスになりかけているのかもしれません。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ちょっと前に撮った写真ですが、これが完全なオス。これ見るとオハグロベラという標準和名の由来もよくわかるんじゃないかと思います。うろこを見ていると、お歯黒をしたちょっと黄ばんだ歯が並んでいるみたいに思えませんか?

1枚目のオスなりかけさん?の写真は、タッチAF後にMFで微調整、露出マニュアルで、1/80秒、F2.5、ISO1000。昔撮った2枚目は、AF1点でシャッター速度優先、1/80秒、F1.8、ISO1250。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 

タマガシラ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

1点AF、露出マニュアル・感度固定で、1/50秒、F2.2、ISO1600。最近は露出アンダーで撮るのが個人的に流行ってるけど、このときは気分の問題でなんとなくオーバー気味に。魚の色は鮮やかに出てくれたかな~。でも右下の白く飛んだ岩がうるさい。画面全体を調和させるのは難しいです。

被写体になってくれたのはタマガシラ。名前の由来はよくわからないけど、まるまるとした体型と関係あるのかなと思います。いや本当にまるいです。目が大きくてムチムチしてて可愛い。食欲がそそられる体型です。まだ食べたことはないけど、イトヨリダイのなかまなのできっと上品な白身なのではないかと思います。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 イトヨリダイ科 

目立ちすぎじゃない?

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

カエルアンコウを掲載するのは二回目でしたっけ。まえに疑似餌を振る動画を載せたのは憶えています。(過去記事にリンク) 今回はとてもかわいく撮れたので。

カエルアンコウって水族館で観察するかぎり、他のカエルアンコウのなかまと較べて何もない砂地をよちよち歩いていることが多いように思えます。海でも同じように行動しているとしたら、天敵に見つかりやすいとかないんでしょうか? いちおう岩や海綿に擬態してると言われていて、実際こんな黄色い海綿もあるんだけどねー。それにしても目立ちすぎじゃない?

撮影情報はライブビューでマニュアルフォーカス・マニュアル露出、1/60秒、F3.5、ISO1000です。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。