スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は何の予定もないので

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

明日は何の予定もないのでどこかの水族館に出かけたいなと思いつつ、今はあれですよね、幼稚園や小学校の春休み期間中なんですよね。夏休み中ほどには混まないとは思いますがー。う~む、悩むなあ。

上のかわいいのはヤエヤマギンポ。これも昨年末に撮ってお蔵入りさせてた写真です。名前に八重山と付くことからわかるように、沖縄以南の太平洋やインド洋に分布するイソギンポのなかま。

雑食ですがコケを好んで食べてくれるので、水槽の掃除屋さんとして飼っているアクアリストが多いそうです。私だったら脇役でなく主役で飼いたいと思うけど、この種類の魚って多分なわばり意識が強いから、家に置けるサイズの水槽では複数飼いは難しいかも? といって一匹だけじゃさびしいから、他の魚と混泳してもらうことになるのかな。…そうなると、掃除屋さんとして飼ってる人の水槽とあまり変わらない感じになりそうですね。
スポンサーサイト
関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

ALSOKでもいいけど

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

やっとこさ新年を祝える余裕ができました。今日からは新しい職場になじむことに傾注するよ。そして水族館にも行くよ。ということでみなさま、新年明けましておめでとうございます。

写真は先月撮ったハゼのなかまのヒレナガネジリンボウ。茶色いリボンを斜めに巻いたように入っている縞模様と、ピンと立てた背びれの条とが名前の由来です。

ヒレナガネジリンボウの顔のちょっと下に小さいエビが写っているのがわかりますか? これはテッポウエビの一種で、たぶんニシキテッポウエビかなにか。ある種のハゼとテッポウエビとの共生はよく知られてますよね。テッポウエビは巣穴を作ってせっせとキープし、ハゼはその巣穴のすぐそばで周囲を警戒します。で、天敵が近づくとハゼは巣穴にさっと潜り、エビもハゼのその動きで敵の接近を悟って、一緒に巣穴に潜り込みます。ハゼはテッポウエビをハウスキーパーとして利用し、テッポウエビはハゼをセコム(ALSOKでもいいけど)として利用しているわけです。この共生関係は水族館でもしばしば展示のテーマにされますが、見た目が可愛らしいヒレナガネジリンボウとニシキテッポウエビとは特に好んで展示されているように感じます。

撮影情報は、マニュアルフォーカスにマニュアル露出で、1/40秒、F2.8、ISO125。これなら1、2段絞れましたねー。そしたらエビがもっとちゃんと写ってた。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 ハゼ科 

目立ちすぎじゃない?

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

カエルアンコウを掲載するのは二回目でしたっけ。まえに疑似餌を振る動画を載せたのは憶えています。(過去記事にリンク) 今回はとてもかわいく撮れたので。

カエルアンコウって水族館で観察するかぎり、他のカエルアンコウのなかまと較べて何もない砂地をよちよち歩いていることが多いように思えます。海でも同じように行動しているとしたら、天敵に見つかりやすいとかないんでしょうか? いちおう岩や海綿に擬態してると言われていて、実際こんな黄色い海綿もあるんだけどねー。それにしても目立ちすぎじゃない?

撮影情報はライブビューでマニュアルフォーカス・マニュアル露出、1/60秒、F3.5、ISO1000です。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科 

モンハナシャコ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

今週の『ダーウィンが来た』でモンハナシャコの特集をやったそうですが、私の部屋には今テレビがないので見ることができませんでした。この数年テレビの視聴時間が少なかったので、持っているだけ無駄かなと思って引越しの際に処分したのだけれど、たまには見たい番組もあるし、災害時などはテレビの情報がなければ心細いだろうし、新しく買うべきなのか否か悩みます。うーん、今のパソコン壊れたら、テレビ見れるパソコンにするかなあ。

はい。というわけで今日はモンハナシャコの写真を。シャコって目の印象からかなー、エビやカニよりもメカメカしく感じます。この目はとても高性能だと言われていて、たとえば人間が赤・緑・青を知覚する3種類の視細胞を持っているのに対して、シャコは11(もしくは12)の原色を知覚する11(もしくは12)種類の視細胞を持っています。だものでシャコは人間とは比較にならないような多彩な世界で生きているのではないかと考えられていたのですが、人間が3種類の視細胞から得た情報を脳内で処理してさまざまな色を認識するのと違って、シャコは複数種類の視細胞の情報を統合したりはしていないのでは?という説もあるみたい。まあ、シャコがすっごいカラフルな世界を認識できているとして、それがシャコが生きていくうえでどれだけメリットになるのかなとは思いますよね。特定の何種類かの色を情報処理の負担やタイムラグなしで認識できるほうがメリットがありそうです。

ちなみにこの日のモンハナシャコ、なんか興奮してて、こちらに向かって突進しては捕脚でガラスにバチンバチンとパンチしてました。下手をすると水槽のガラスを割ることもあるというシャコパンチです。貝殻を割って中身を食べたり、外敵を攻撃したりするために繰り出す技なのですが、レンズを向けられて敵が来たとでも思ったのかな? 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 節足動物 甲殻類 シャコ目 ハナジャコ科 

ふさふさがある

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

カラフルでキュートなモンツキカエルウオ。紋付袴の紋付です。体の側面の斑点が家紋に見立てられているのだと思います。太平洋とインド洋の熱帯に分布しており、日本でも沖縄あたりで見ることができます。

1枚目(顔のとこ白飛びさせてますが)、拡大すると顔の正面にふさふさがあるのがわかりますか? これはモンツキカエルウオの特徴のひとつで、前鼻孔のところに皮弁が発達しています。その様はまるで鼻毛。遠くを見て思慮深そうな顔をしていても、常に鼻毛まる出しなのです。まあでも彼らはいいですよね、鼻毛出ててもそこがかわいいと言われるから。私たちはそうも行かないから気を付けないとね。

撮影情報は1、2枚目ともにフォーカスと露出マニュアルで、1枚目が1/25秒、F3.5、ISO500、2枚目が1/60秒、F2.2、ISO100。ピントの山がよくわかりませんでした。AFでお任せしたほうが正確だったかも。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。