スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を叫んでいるのでしょうか

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

水槽の底で休みつつ、何かを叫んでいるオハグロベラ。何を叫んでいるのでしょうか。単純に「わ゛ー」とか「に゛ゃー」とか、そんなとこかな?

はい。他の多くのベラのなかまがそうであるように、オハグロベラは雌性先熟といって、生活史のはじめのほうをメスとして過ごし、あとのほうになるとオスになる個体が現れます。この生態は一匹のオスがなわばりのなかのすべてのメスを独占する習性と密接に関わっています。オスは体が大きく強くないと、他のオスとの争いでなわばりを維持できません。ですので体が小さい頃はメスとして過ごしたほうが、自分の子孫を残す上では有利なわけ。で、何かあってオスが死んだりいなくなったりすると、そこらへんのメスのなかで最も大きな個体がオスに変わって、新しいハーレムの主になるのです。

オハグロベラの雌雄はからだの色と、背びれの条のながさとで見分けがつきます。色が黒くて、背びれの条の1本目と2本目とが長く伸びているのがオス。背びれの条の1本目と2本目とはメスでいるときも他の条よりも長いのですが、オスになるともっと伸びるのです。上の写真の個体の背びれの条はどうかなー、普通のメスより長い気もするなー。もしかするとこれ、オスになりかけているのかもしれません。

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ちょっと前に撮った写真ですが、これが完全なオス。これ見るとオハグロベラという標準和名の由来もよくわかるんじゃないかと思います。うろこを見ていると、お歯黒をしたちょっと黄ばんだ歯が並んでいるみたいに思えませんか?

1枚目のオスなりかけさん?の写真は、タッチAF後にMFで微調整、露出マニュアルで、1/80秒、F2.5、ISO1000。昔撮った2枚目は、AF1点でシャッター速度優先、1/80秒、F1.8、ISO1250。
スポンサーサイト
関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 

Big Fish Eat Little Fish

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ホンソメワケベラがホウセキハタの口腔クリーニングをしていたので、パシャパシャと簡単に撮りました。二枚ともゾーンAFで露出マニュアル、1/60秒、F2.8、ISO1250。同じ場面を小学校の中学年ぐらいの女の子が「…魚の口に…魚が…?」とつぶやきながら凝視してまして、私もそれ見たら自分が初めてホンソメワケベラを知ったときの驚きを少し思い出して、なんか幸せな気持ちになれました。

ホンソメワケベラは掃除屋さんとして有名ですよね。他の大きな生き物に近付いて、その生き物の体の表面や鰓ぶた、口の中などの寄生虫やエサの食べかすをつついて、自らのエサとします。相手の大きな生き物のほうは、ホンソメワケベラの姿を見ると、身を任せて体を好きなようにつつかせるスイッチが入るんですよね。自分よりも小さな生き物を食べに行くスイッチは切れてしまいます。なんなんだろうね、このおそろしくよく出来たシステムは。完成されすぎていて、進化の過程がまったく想像できません。

ちなみにこのシステムにただ乗りしてるニセクロスジギンポという魚がいます。ホンソメワケベラとそっくりな姿かたちをしているから、いつもホンソメワケベラに掃除してもらっている生き物は、ニセクロスジギンポが近付いてくるとスイッチが入っておとなしくなります。で、ニセクロスジギンポは難なく他の生き物に近付き、体の一部をがぶりと噛み取ってエサにするのです。ちゃっかりを通り越して怖いです。

今日のブログタイトルは私が最も好きな画家のひとり、ピーテル・ブリューゲルの作品のタイトルから。ひさびさにブリューゲル愛があふれ返りそうなので、これ投稿したら画集を眺めて遊ぶことにします。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 ハタ科 

テンス

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

ベラのなかまのテンス。上半身をもたげて辺りを見回し動き回るさまを眺めていると、もしかするとこの魚とは知能ある生き物どうしとして意思を通い合わせることができるのでは? なんてあらぬことを考えてしまったりします。

ちなみにテンスの外見上の大きな特徴のひとつは背びれ。背びれの第一条目が長く伸びていて、泳ぐ時にそれを頭の前に突き出すので、まるで角を生やしているように見えます。その様子撮ろうとしていつも失敗してたので(シーパラのこの水槽暗くてAF効かないから、MFでがんばってたんですよ~)、次は新しいカメラでリベンジしたいと思ってます。 関連タグ : 八景島シーパラダイス Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 

ひさびさの一眼レフ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

水槽の底で休んでいたブルームテールラス(ベラの仲間です)が体を起こして泳ぎ立つところ。もっとゆったりした構図にしたほうがよかったかな、とは思いますが、被写体を真ん中に入れただけなのにそれなりの雰囲気のある写真になってしまってます。一眼レフと大口径レンズの組み合わせってやっぱりすごい。

クリックで拡大

"Bloomtail wrasse"(箒のような尾びれのベラ)という名前の由来がよくわかる真横からの写真も。目が下向きになってる瞬間だったから、なんだかアンニュイな表情です。

今日の1枚目のような写真が撮れると、APS-Cサイズのカメラでもまだまだ行ける気がしてきます。フルサイズでF2.8通しやF4通しのレンズを使えば、目下の悩みである「明るいレンズでは周辺のAFポイント使えない問題」が解決されそうだから、買い換えたほうが良いとは思っているのだけど。先立つものがないってのもあるし、フルサイズ移行はなかなか難しそうです。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 

イラ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

イラという標準和名のベラ科のさかな。名前の由来には諸説ありますが、このさかなが攻撃的でイライラしてるみたいだからとか、荒々しく噛み付いてきて捕る人がイライラしちゃうからとか、そんな説が有力。ウザとかダサとかそんな名前のさかなもいそう。

このイラをアマダイと呼ぶ地方もあるようですが、似てますかねアマダイに。私の感覚ではイラはアマダイより妖怪の何かに似てる。なんの妖怪かわかんないけど。 関連タグ : 京急油壺マリンパーク Canon_EOS_60D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 ベラ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。