スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は何の予定もないので

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100M3

明日は何の予定もないのでどこかの水族館に出かけたいなと思いつつ、今はあれですよね、幼稚園や小学校の春休み期間中なんですよね。夏休み中ほどには混まないとは思いますがー。う~む、悩むなあ。

上のかわいいのはヤエヤマギンポ。これも昨年末に撮ってお蔵入りさせてた写真です。名前に八重山と付くことからわかるように、沖縄以南の太平洋やインド洋に分布するイソギンポのなかま。

雑食ですがコケを好んで食べてくれるので、水槽の掃除屋さんとして飼っているアクアリストが多いそうです。私だったら脇役でなく主役で飼いたいと思うけど、この種類の魚って多分なわばり意識が強いから、家に置けるサイズの水槽では複数飼いは難しいかも? といって一匹だけじゃさびしいから、他の魚と混泳してもらうことになるのかな。…そうなると、掃除屋さんとして飼ってる人の水槽とあまり変わらない感じになりそうですね。
スポンサーサイト
関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100M3 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

ふさふさがある

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

カラフルでキュートなモンツキカエルウオ。紋付袴の紋付です。体の側面の斑点が家紋に見立てられているのだと思います。太平洋とインド洋の熱帯に分布しており、日本でも沖縄あたりで見ることができます。

1枚目(顔のとこ白飛びさせてますが)、拡大すると顔の正面にふさふさがあるのがわかりますか? これはモンツキカエルウオの特徴のひとつで、前鼻孔のところに皮弁が発達しています。その様はまるで鼻毛。遠くを見て思慮深そうな顔をしていても、常に鼻毛まる出しなのです。まあでも彼らはいいですよね、鼻毛出ててもそこがかわいいと言われるから。私たちはそうも行かないから気を付けないとね。

撮影情報は1、2枚目ともにフォーカスと露出マニュアルで、1枚目が1/25秒、F3.5、ISO500、2枚目が1/60秒、F2.2、ISO100。ピントの山がよくわかりませんでした。AFでお任せしたほうが正確だったかも。 関連タグ : ヨコハマおもしろ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

ヨダレカケ

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

今日の写真も「へんないきもの」展から。海辺の岩の上でぴょこぴょこ飛び跳ねて暮らすヨダレカケ。皮膚呼吸できるから体表がぬれてさえいれば水のなかにいなくても平気なのです。というか水の上のほうが好んで餌にする藻があるし、外敵があまりいないしで、むしろお気に入り。タマカエルウオ(リンク)と同じ生活パターンですね。ていうか生息域もかぶりまくりで、混同されることも多いみたい。

見分け方はまず体の色や模様。ヨダレカケはタマカエルウオよりもややカラフルでドット模様が目立ちます。

次に吸盤の有無。ヨダレカケには口の下に吸盤があり、これがよだれかけのように見えるとされて名前の由来にもなっています。ただこれ、とっつかまえてまじまじと観察しないとよくわからないと思う。

あとは自然状態の群れではオスとメスが混在しているのですが、タマカエルウオのオスのあたまには鶏冠みたいな突起があるんですね。そういうのが一匹もいなかったら、おそらくヨダレカケの群れ。

ていうかヨダレカケってリニューアル前のサンシャインでは普通に展示されてて、別料金払わなくても見れたよね。好きな魚だからまた見たいけど、もう300円払いたくない。常設展示に戻して下さい。 関連タグ : サンシャイン水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

トサカギンポ

クリックで拡大

Canon EOS 60D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

消費税増税まえに春物をいくらかまとめて買おうかなとか、新しいレンズが一本欲しいなとか、漠然と考えていたのですが、何も買わぬまま四月を迎えてしまいました。欲しかったのはキヤノン純正の単焦点(EF28/2.8ISかEF35/2ISあたり)や、同じくキヤノンの新しいモーター搭載のAPS-C専用望遠ズームなど、カメラのレンズとしてはそんなに高いものでもないのですが、そこそこのランチを一回食べられるお金が浮いていたと考えると、やはり買ったほうがよかったのかな。…まあカメラまわりの品は懐に余裕ができたらいずれ。

写真は先月葛西で取ったトサカギンポ。牡蠣殻に好んで隠れます。頭の突起は私にはトサカより烏帽子に見えるなー。敬意を込めて麻呂とお呼び申し上げたい。っていうか先月の写真のストックも尽きてきたので、次の平日休みにはどこかの水族館を訪ねたいです。 関連タグ : 葛西臨海水族園 Canon_EOS_60D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 スズキ目 イソギンポ科 

試し撮り その4

クリックで拡大

SONY Cybershot DSC-RX100

小さなコケギンポをMFで撮った一枚。FC2ブログのサムネイルは粗いので、クリックして見てほしいです、これは。等倍だとさすがに「うーん?」となるけど、普通に鑑賞するぶんにはまったく問題ない写り。AFよりも精確に撮れています。撮影情報はマニュアル露出のマニュアルフォーカスで1/30秒、F1.8、ISO320。

クリックで拡大

上のコケギンポより大きなニジギンポ。こちらもなかなか。ちょろちょろ動いていたのでシャッター速度を上げて1/80秒、F1.8、ISO640で撮影。ていうかこの小さいカメラのISO640がここまで見れるってすごいね。

ちなみにピント合わせのためにリングを回すとMFアシストという機能が働き、画面の一部分が拡大表示されて、ピントの山が見やすくなります。ただ相手は生き物だから液晶画面からするする逃げて行っちゃうんですよね。ピント合わせてるあいだだけでも動かずにいてくれることを祈りましょう。 関連タグ : しながわ水族館 SONY_Cybershot_DSC-RX100 硬骨魚類 スズキ目 コケギンポ科 イソギンポ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。