スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグベリー・シーホースの赤ちゃん

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

オーストラリア沿岸に住むタツノオトシゴのなかま、ビッグベリー・シーホースの赤ちゃんがいました。成長すると腹部がぽっこりと発達することからビッグベリー・シーホース(大きなおなかのタツノオトシゴ)またはポットベリー・シーホース(ポットみたいなおなかのタツノオトシゴ)と呼ばれるのですが、小さな頃はスレンダーで、他のタツノオトシゴと見分けるのが困難です。

被写体が真ん中すぎるとかえって間の抜けた写真になるかも、と思って少しずらしてみたけど、いったいどう撮るのがベストだったのかな。次はもっといろいろ試してみましょう。

クリックで拡大

ついでにもう一枚。ピント外してるけど。ちっちゃいものを撮るのは楽しいです。

撮影情報はいずれもシャッター速度優先で、一枚目が1/80秒、F3.2、ISO1250、二枚目が1/60秒、F2.8、ISO1600。
スポンサーサイト
関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 トゲウオ目 ヨウジウオ科 

もうカミクラゲの季節が

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

品川での所用のあと、足を少しだけ伸ばしてしながわ水族館に立ち寄ってきました。1時間ぐらいしかいられなかったけど、クラゲホールやイルカプールのアンダービューでぼ~っとしてるだけで癒されたなー。時間がないとか疲れてるとか言ってないで、思い切って遊びに行ったほうがかえって元気になれることもあるのかもしれませんね。

写真は1、2月から春すぎにかけて現れる春を告げるクラゲ、カミクラゲです。まえに何度か載せたおぼえがありますが、もうカミクラゲの季節なのねと感慨深く思いシャッターを切りました。1枚目が1/125秒、F1.8、ISO1250、2枚目が1/80秒、F3.2、ISO3200。どっちも露出補正マイナス1と1/3かけてます。2枚目は今見返すと、ピント合わせをもうちょっとがんばりたかったな。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 キタカミクラゲ科 

オーネイトカウフィッシュ

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM

測距モード1点AFで目玉を狙って、1/80秒、F1.8、ISO1000。絞り開放で周辺のAFポイントを選んだときにどれだけピントが合うか? ということを確かめたくて、こんなふうに被写体がヨコ移動してるところを何パターンか撮ってみました。外すこともありつつ、しかしEOS 60Dでこのレンズを使っていた時よりもストレスなく撮れた気はします。気のせいじゃないとしたら何が違うのでしょう? 60Dも70Dも周辺はF5.6光束対応で変わらないはずなのに。…カメラってよくわからんです。

まあ原理みたいなとこは不明でも、気のせいかどうかは、今までピントが合わなかった水槽・合わなかった被写体で試せばはっきりします。別の機会にそのへん意識して撮ってみましょう。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Sigma_18-35mm_F1.8_DC_HSM 硬骨魚類 フグ目 イトマキフグ科 

ウラシマクラゲ

クリックで拡大

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

ファインダーを覗いてマニュアルフォーカスで撮った写真。EOS 60Dと比較するとファインダー視野率は96%から98%に向上、ファインダー倍率は0.95倍で変わらずとのことで、あたりまえかもしれませんが見やすさに有意な差があるとは感じませんでした。

露出はいずれもシャッター速度優先で、上の写真が1/80秒、F2.8、ISO6400、下の写真が1/100秒、F2.8、ISO6400。この日の最高感度です。シャッター速度と絞りの値を上げればもっとキリっと写りそうだけど、70DにEF-S60mmの組み合わせではこのぐらいが限界でしょうか。(いやもうちょっと行ける?) シグマ18-35mm/F1.8にクローズアップレンズを付けたらシャッター速度だけなら上げられそうだから、次に行ったときもこのクラゲいたら試してみますね。

ちなみに被写体のウラシマクラゲについては、傘の部分の高さが1、2センチでかわいいこと、ぐらいしか私は知りません。もうちょっとしっかり紹介したかったなー。今度クラゲについてわかる良い本がないか探してみよう。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 刺胞動物 花クラゲ目 エボシクラゲ科 

ライブビューお試し その2

クリックで拡大

Canon EOS 70D + Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

前記事のと同じ水槽で撮ったヘビギンポ。コケギンポとは顔付きや体形が異なるのがわかると思います。「ギンポ」っていうのは「磯などに住んでる、だいたいこういう感じの魚」の名称であって、分類学上の区別とはあまり関係がありません。ヘビギンポとコケギンポとは科のレベルで分かれていますし、天ぷらネタになるギンポも両者とは別の科に属していますし。ついでながら、ヘビギンポにヘビって付いてるのは、他のギンポと較べると顔立ちが爬虫類系だからなのかなーとは思いますが、ヘビギンポ単体で見てもあまりヘビっぽくはないですよね。

ライブビューのタッチフォーカス&タッチシャッターで撮影。露出はマニュアルで1/40秒、F2.8、ISO1600。ISO5000(先日のコケギンポの写真がそう)よりはボケのざらざら感が少ないかな。これもそんなにきれいじゃありませんけど。

EOS 60Dと比較すると、ISO1600あたりのザラザラは少しだけ改善、ISO5000あたりは大きく改善しているみたい。となるとハード面での進歩はあまりなかったけど、ソフト面での進歩があったということなのかな。まあ多少でも高い感度が使えるようになったのはありがたいです。 関連タグ : しながわ水族館 Canon_EOS_70D Canon_EF-S60mm_F2.8_マクロ_USM 硬骨魚類 スズキ目 ヘビギンポ科 
プロフィール

HN未定

Author:HN未定
魚大好きです。関東中心に縁のある土地の水族館をめぐるのが趣味。
何かあればメールアドレス
sakanaphoto2011@gmail.com
までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。